ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

ネクロダンサーボス攻略「コーラルリーフ編」【Crypt of the NecroDancer】

f:id:tableturning:20180204143649p:plain

f:id:tableturning:20180203140739j:plain

ギターの形をした凶悪な目つきのボス。オーケストラのような豪華なBGMなのだが、なんと楽器を水の中に放り投げて攻撃してくる(爆)

なんとも雑な扱いをするものだ。

 

動きがゆったりしているので最弱のボスかと思いきや、なかなか攻撃範囲が凶悪で地形を変える等、搦め手を多く使用してくる。十分な武器や道具を持っていないと勝つのが難しい。

コーラルリーフの攻撃範囲

         
   衝撃波  衝撃波  衝撃波  
   衝撃波

f:id:tableturning:20180203135605p:plain

 衝撃波  
   衝撃波  衝撃波  衝撃波  
   衝撃波 衝撃波 衝撃波  

 

実際は自分の四方8マスに攻撃を仕掛けてくるのだが、こいつの一番の特徴は自身が移動するたびに衝撃波が飛んでくるところ。水飛沫となって飛沫が飛んでくるので、うかうかしてると彼が移動した瞬間の衝撃波でダメージを受けてしまう。

 

主人公で言う、レイピアと勇気の腕輪の併用のようなもので、ゆっくりとした突進攻撃を仕掛けてくる。突進攻撃の性質上、攻撃の当たり判定がコーラルリーフの2マス先まで伸びるのでしっかりと距離をとらないといけない。

 

さらにステージが水場なので足をとられやすいというハンディも存在する。

あると便利なアイテム
feet boots explorers.png feet boots winged.png feet boots leaping.png spell freeze enemies.png scroll white.png  charm frost.png
探検家のブーツ 羽根つきブーツ ジャンプブーツ フリーズ フリーズの巻物 氷のお守り

地面が水場で埋め尽くされてしまうので、移動の阻害を防ぐアイテムがあるとかなり楽になる。地面を水場に変えるのはボス本体だけでなく雑魚敵も同じ能力を持つためあっという間に水だらけになってしまう。

 

開幕でフリーズの魔法を使うと水上一面を氷に変え本体に直接攻撃を与えることが出来るためかなり楽。但しアリアルートの場合、テンポを間違いやすいのでご注意。

 

コーラルリーフの倒し方

序盤の間に雑魚を倒しておく
戦闘開始序盤、コーラルリーフは部下の楽器たちを放り投げて攻撃を仕掛けてきます。雑魚は上下移動しかできず、一撃与えると退避するため撃退事態は難しくないのですが、あらかた放り投げるか、コーラルリーフを攻撃すると、残っている楽器たち全員で総攻撃を仕掛けてきます。
総攻撃が始まる前に倒せる雑魚は倒しておくのがオススメです。尚コーラルリーフは攻撃を受けるとテレポートして別の場所に出現します。反撃ダメージ等はないです。
楽器が歩いた場所は水場になる

f:id:tableturning:20180203142949p:plain


コーラルリーフ含む楽器が通った場所は水に変わってしまいます。画像のように楽器が多ければ多いほど地面が水に埋め尽くされてしまいます。そして前述したコーラルリーフの突進攻撃がすさまじい攻撃範囲を持つため少しでも自身が移動するための地盤を用意しなければいけません。
コーラルリーフの衝撃波
コーラルリーフの衝撃波を伴う突進攻撃は範囲が大きいので攻撃のタイミングを見極めるのが大変ですが、コーラルリーフ事態は動きがゆっくりしているので攻撃した直後を狙って切りつけるとよく当たります。
フリーズの魔法を使うと水が凍る

f:id:tableturning:20180204143444p:plain

氷魔法を使用すると水が凍ります。靴を持っていないと自分が滑ってしまうのでだからなんだって感じですが。
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章(引用を除く)や筆者が撮影した写真などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。(ゲーム画面のスクリーンショット、商品画像、その他画像などに関しましては原典の著作権を所有している権利者に帰属しており、筆者に権利はございません)