ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

アニメ・漫画・ゲームのレビューやグッズ等の紹介をしているブログです。メジャーなグッズから知られていないものまで幅広く取り扱っています。

【プリンセスメーカー】お姫様育成ゲームでお料理コンクールに挑戦【12歳】

プリンセスメーカー

スーパーファミコンの育成ゲーム「プリンセスメーカー」。感受性の高さ故に家出を頻繁に繰り返す家出娘「エル」。彼女を一人前のプリンセスに育てる為、勇者ナテシカは四苦八苦する毎日。

f:id:tableturning:20160710094229j:plain

家出したエルに対して説教をします。しかしエルは腑に落ちない様子でした。家出した都度こうして説教する事は効果があるのでしょうか…。あまりなさそう…。

 

 

f:id:tableturning:20160710094401j:plain

食堂の店主が給料を上げてくれました。1日10Gの給料です。給料が上がるだけいいですよね。今の時代、上がっても数千円ですから。それも一年単位。

 

f:id:tableturning:20160710094930j:plain

お小遣いを与えたいところですが、娘の教育の日の為、我慢してもらいます。ごめんね。でもエルの為なんだ…。でも娘からすればこの気持ちは理解できないんだろうなあ。本人からしてみれば自分の将来のためって言われてもねえ。

 

f:id:tableturning:20160710095105j:plain

うーーんまた失踪した…。この家出も、もはや恒例行事…。

 

f:id:tableturning:20160710095147j:plain

話しかけると不思議系の発言をします。この時点でのエルの感受性は300超え。たび重なる家出はこの突出した感受性によるものです。ほんといらないこの謎システム。

 

f:id:tableturning:20160710095425j:plain

資金にも余裕が出てきたので芸術の教育をはさみつつここらでバカンスを挟む事にします。エルとの思い出を増やしたい…。

 

f:id:tableturning:20160710095833j:plain

仕立て屋のアルバイトは日給がアップしました!給料は低いけど色んな事を学べるのでエルにとってもいいです。料理屋は料理と感受性しか上がらないのに対し、ここでは気品や話術なども上がりますから。

 

f:id:tableturning:20160710095925j:plain

芸術性も少しずつ成果が出始めました。社交界にだしても大丈夫なように教育に余念はありません。

 

f:id:tableturning:20160710100016j:plain

バカンスに行こうと思ったらお金が足りませんでした。

うーん貧乏って辛い!

f:id:tableturning:20160710100043j:plain

エル「くすん、貧乏だからバカンスにいけないんですねーお父さん」

ごめん!ごめんね!エル。お父さんにもっと甲斐性があればバカンスに連れて行ってあげられるのに!!

かつての中世ではバカンスができるのは一部の金持ちだけでした。私に力があれば娘にこんな不憫な思いをさせないで済むのに…。お金…お金があれば…!

 

f:id:tableturning:20160710100949j:plain

娘が非行した!!

たび重なるストレスのせいでついに娘が非行しました!娘のストレスを抑える為、すぐに休憩を入れます!

 

f:id:tableturning:20160710101028j:plain

お小遣いが貰えないと分かると嫌味を言いました。こんな言葉遣い絶対にしなかったのに…!あまりのショックに言葉が出ません…。

 

f:id:tableturning:20160710101133j:plain

それでも休憩を入れて気遣うとなんとか更生しました。良かった…。

 

f:id:tableturning:20160710101217j:plain

負担のかからない教育を受けさせて娘の為になるように配慮します。運動を挟む事でストレス解消にもなるでしょう。

 

f:id:tableturning:20160710101300j:plain

お掃除やお洗濯がキライ!と言う娘。良いんですよ、プリンセスは家事なんてしませんから。エルは掃除や洗濯など庶民じみた事はしなくていいんです(断言)!

 

f:id:tableturning:20160710101401j:plain

前回、行けなかったバカンスにやっといけるようになりました。親子の思い出を少しでも作りたい。そんな思いで秋の海へと向かいました。

 

f:id:tableturning:20160710101440j:plain

我ながら思うけど、やっぱり海は夏かなあ。山の方がよかったかなあ。まあエルが楽しそうだからいいか。

 

f:id:tableturning:20160710101517j:plain

城の騎士と話すも、これ以上は人脈が上がらない様子。これからはもっと偉い人と話さないとダメみたい。

 

f:id:tableturning:20160710101600j:plain

9月の収穫祭ではお料理コンクールに再挑戦です。今のエルなら一位も夢ではありません。

 

f:id:tableturning:20160710101648j:plain

やったーーー!!エルのエビチリソースパイフォアグラぞえが一位に選ばれました!美味しそう!私も食べてみたい!

 

f:id:tableturning:20160710101724j:plain

ラフィエル、お前が喜んでどうするねん。

 

f:id:tableturning:20160710101800j:plain

優勝の商品としてもらった金冠鳥の卵。食べると体力が増えます。

 

f:id:tableturning:20160710101849j:plain

可愛い卵なのに食べるなんて可哀そう・・・。うーん確かにそうですけど、孵化させても感受性が上がるだけなので食べちゃいましょう…。

f:id:tableturning:20160710101937j:plain

f:id:tableturning:20160710101944j:plain

か…かわいい…。

 

f:id:tableturning:20160710102005j:plain

エルの体力が50も上がりました!親としてはやっぱり娘が元気に育ってくれる方が嬉しいです。

 

f:id:tableturning:20160710102052j:plain

懐にも余裕が出てきたので娘にお小遣いをあげます。今まで我慢させてごめんね。

 

f:id:tableturning:20160710102145j:plain

そして今回から、語学の授業も受けさせる事にします。はっきり言ってエルは頭が悪すぎて不安です…。

 

f:id:tableturning:20160710102257j:plain

騎士では人脈が増えない為、将軍に面会を求めるも追い払われてしまいました。礼儀作法が足りていないせいでしょう…。

 

f:id:tableturning:20160710102334j:plain

礼法の授業を受けると初級レベルの授業が終わりました。これからはやっと中級レベルに入れます。

 

f:id:tableturning:20160710102418j:plain

家に戻ると来訪者が。青い肌に紫の髪に赤い髭…見るからに怪しいんですけどこの人。

 

f:id:tableturning:20160710102506j:plain

社交界はエルのうわさで持ちきりだそうです。そりゃエルくらい美人であれば当たり前でしょう!

この魔神の力によって礼節のスキルが上がりました!

 

f:id:tableturning:20160710102622j:plain

追い返された将軍ともやっとお話が出来ます。しかしこの将軍若い女が好きみたいです。ヤダ、あんまり近づかせたくない…。

f:id:tableturning:20160710102717j:plain

一々、言う事が嫌らしいんだよ。この男…。

 

f:id:tableturning:20160710102804j:plain

芸術の授業なども受けさせていると、師匠から話しかけられました。

 

f:id:tableturning:20160710102833j:plain

作品を1点仕上げることができるみたいです!経費は100Gもかかりますが娘の一点の作品です!出します出します!

 

f:id:tableturning:20160710102926j:plain

タイトル「魔の森の宴」…。お、おう…。幻想的な世界観の中にも禍々しい魅力があって目を引き付けられます…。これがエルの中にある隠された魔なのか…。

 

f:id:tableturning:20160710103144j:plain

いつものように城に通うと見かけない青年武官がいました。さっそく話しかけてみましょう。

 

f:id:tableturning:20160710103232j:plain

青年武官は城の見張り台で見張りをしていたようです。楽な仕事とのたまう青年に見張りだって立派な仕事だと叱るエル。

 

f:id:tableturning:20160710103329j:plain

「生意気言ってはずかしいわ、これ全部父の受け売りなの」っておい!あからさまに人のせいにすんな!エル!

 

f:id:tableturning:20160710103421j:plain

青年は一年に一度、一月しか来ないらしい。一年後も会う約束をしました。なんか七夕の織姫と彦星っぽい。まああれは彦星が正直クズだったけど。

 

f:id:tableturning:20160710103519j:plain

帰りに、ケーキを食べて帰りました。照れるエルに美味しそうにたべるエル。色んな表情のエルがみれて今日は満足かな・・・。

 

f:id:tableturning:20160710103603j:plain

なんやかんやでエルの誕生日がすぐにきました。一年って早い!

 

f:id:tableturning:20160710103642j:plain

エルにくまのぬいぐるみをプレゼントしようかな。13歳って丁度子供が終わるか終らないかくらいの年齢だよね。クマのぬいぐるみをプレゼントできるのもこれで最後かもしれない…。

 

f:id:tableturning:20160710103819j:plain

ハッピバースデー!エル!13歳のお誕生日おめでとう!

エルがずっと良い子で育ちますように!こうしてエルとの一年は平穏に終わったのでした…。

 

f:id:tableturning:20160710103930j:plain

っておーーーーい!

この家出癖もいい加減直してほしい…。

 

 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や無断転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。