ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

【重要】DeadbyDaylight公式よりBANシステムが登場したので内容の確認と解釈

f:id:tableturning:20170712221933j:plain

よいこのみなさんこんにちは!

DeadbyDaylightではついに不正行為を行う悪徳プレイヤーに罰を与えるBANシステムが誕生しました!

 

これはゲーム内の切断だけでなく、悪質な煽りや、SNS上での邪悪な殴り合いにも適応されそうな予感!詳しくは原文をお読みください!

 

私の方でも英文を読み、情報を比較しながら理解を進めていますが、あくまでも私の解釈でしかありません。

もとが英文であるため正確な翻訳が困難になっております。

 

こちらの情報はあくまでも参考程度にとどめ、ご自身で必ず英文を確認し自身の考えを重視してください!

 

情報の出典と注意点

青字で原文を読んだ上での執筆者の解釈、理解を載せております。原文が分かりづらい事もあり目安として乗せているだけですのであくまでも参考程度に留めてください。

 

公式から出ている情報の入手元はこちら 

Game ban rules and how to report players - New softban system - Dead by Daylight : Dead by Daylight

公式から出ている情報です。すべて英文ですがご自身で目を通されることを推奨いたします。

 

参考にさせていただいた恩人による和訳はこちら▼

Steam Community :: Guide :: [JP]【必読】ゲーム内BANの対象となる行為について

英語が出来る私たちの恩人による和訳です。今回、免責事項が乗っているようですので必ず確認してください。

 

通報先について▼

公式のページにアドレスらしきものがありますが明確なフォームが設けられていないようです。各自公式ページよりチェックして通報をお願いいたします。

 

 

前書き

Hello, good people of the fog!

ハロー!良い子のみんな!霧の世界からこんにちは!

 

We have a squad of heavily armed Community Moderators, as well as an updated in-game report system ready to get rid of those, who make the gaming experience in Dead by Daylight miserable for everyone.

攻撃的な行為者によるゲームの妨害やそれに伴って不快な思いをする人が多々いたと思いますが、運営側でそれらを解決するチームを用意しレポートシステムを実装することで排除する仕組みを作りました!

 

……と、日本語にしたらこんな感じだろうか?

 

And with your help and reports, we will be able to punish them.
Here’s all you need to know about ban reasons and how to efficiently file a report.

あなたたちの報告と助けによって、運営側の処罰が可能となります。ここでは禁止行為の内容とそれを報告する方法をお知らせします!

 

報告の際に必要な情報(Needed information for a report)

必要なもの 違反行為者のsteanプロフィール
動画による証拠の提出

steamのプロフィールURLまたはsteamIDが必要です。ただしsteamURLの場合、対象者がURLを変更するによって回避可能なため、下記サイトを使用してsteamIDを生成してください。

参考リンク:https://steamid.io/

 

動画による証拠が無い場合

動画による証拠が無い場合、以下の2点のケースにつきましては例外として認めます。

ハラスメント行為 スクリーンショットの添付でもOK
ハッキングによる実績の獲得 steamURLのリンクだけでOK

※上記の2種以外、スクリーンショットだけでは有効な証拠にならない。

 

基本、BAN報告は動画での証拠が求められるようです。

ただしハラスメント行為(嫌がらせ)に関しては例外で、スクリーンショットによる証拠でも認められます※チャットによる暴言や煽り行為などがそれに該当するのかもしれません。

 

嫌いな人を貶めるためにBAN報告したり、適当に手当たり次第BAN報告をするのは普通に迷惑がかかるのでやめましょう。多分相手にされないです。

 

BANの重さ ※BANされた回数によって変わります
1回目 24時間
2回目 48時間
3回目 1週間
4回目 永久

BANは回数が重くなるほど、処罰も重くなっていく方式のようです。

 

BAN対象の違反行為(恒久的にBANとなる禁止行為)List of bannable offenses – Permanent ban

ハッキングによる実績の獲得 外部ソフトウェアを使用したデータの改ざん。ロックの解除などは禁止。
 ハッキングによるレガシースキンの獲得 2016年11月24日で締め切られたレガシースキンを、その日以降に入手した場合、ハッキングとみなされます。これには動画による明確な証拠の提出が必要です。
 ボット行為 キラーがひたすら同じ場所で攻撃動作をひたすら繰り返す行為。これは動画による明確な証拠が必要です。
ハッキングによるBPの獲得 ハッキングしてBPの量を増やす行為の禁止。
その他のハッキング ハッキングして不正な利益を得ること。
 
最も重たい永久にBANされる対象の行為です。実績の獲得やスキンの獲得がそれに当たりますが、殺人鬼がひたすら同じモーションを続けるボット行為もそれに該当します。
 

BAN対象の違反行為(一時的にBANとなる禁止行為)List of bannable offenses | Temporary ban

ハラスメント行為

・嫌がらせ、脅迫、悪口、執拗なハラスメント行為。

・マルチなプラットフォーム*1でのハラスメントは初回であったとしても48時間の重いBANが例外的に適用されます。

 

純粋にチャット欄での悪口などが該当するのでしょうがTwitterなどが言及されている当たり、SNS等での罵倒や晒し行為もかなり厳格に禁止しているのが伺えます。SNSでのハラスメントが初回から48時間のBANという重い例外処置を設定しているあたり、かなり厳しい。

談合行為の禁止
  • 対戦相手と意図的に協力して利益を得たり、チームメイトを妨害する行為の禁止。

鬼とサバイバーが協力して、他のプレイヤーをいじめたり、妨害したりと言った行為が該当しそうです。また過疎地域でフレンド同士がマッチングしてポイントを得るカスタムや闇プラベといわれる行為もBAN対象としてきているような予感。

 

  • 特定のプレイヤーだけを執拗に狙ったり、その試合を台無しにするような目的の行為の禁止。

殺人鬼が勝つためにサバイバーを狙い撃ちするのは、試合を台無しにする行為ではないためBAN対象ではないみたいです。

 

  • ゲーム自体を人質に取る行為。

「ゲーム自体を人質にとる」は解釈が難しいですが、例えばサバイバーが既にゲートが開いて脱出が可能な状態であるにも関わらず意図的に留まり続け、ゲームの終了を阻止する行為、通称残業行為などがそれに該当するのかもしれません。

バグの悪用
  • バグや欠陥を不正利用して不等な利益を得る行為。
  • そのバグをゲーム配信などで広めること。
  • その他の方法で不具合の利用を広めること。

バグを利用した悪質な不正行為のこと。たとえば今よくあるバグでは、ナースが地下に吸い込まれるのを知っていて地下小屋に張り付いて時間稼ぎをしたりとかそういう感じだと思います。

スポーツマンシップに反する行為
  • ゲームの切断

ただし、この切断において通報は不要。ゲームの解析システムを使用して運営が悪質なプレイヤーを追跡しBANする。

 

切断において通報は必要ありません。そもそもバグによるゲーム進行不能のための切断なのか、激しいラグによる接続切れなのかプレイヤーからは判断がつきませんので通報が要らないのでしょう。

 

元々バグだらけの不安定なゲームなのでクラッシュによる切断やローディング画面での停止状態など多々ありますし、ある程度のセーフティはあるかと思います。

ラグの意図的な発生 回線を絞って意図的にラグを発生させる。
 
これらの情報はあくまでも参考程度にとどめ、ご自身で必ず英文を確認し自身の考えを重視してください!

*1:steam、TwitterFacebook、Twitchなど

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章(引用を除く)や筆者が撮影した写真などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。(ゲーム画面のスクリーンショット、商品画像、その他画像などに関しましては原典の著作権を所有している権利者に帰属しており、筆者に権利はございません)