ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

みんなで考える新殺人鬼!第二十九回「ドラゴニュート」 ひひひさん

好き勝手に新殺人鬼案を考えるみんなの新殺人鬼!

新殺人鬼案はいつでも募集中です!紹介したいものがありましたら下記のフォームに入力して送ってください!頂いたものはこちらのブログでご紹介しますよ!!

新殺人鬼案送信フォーム >

 

あ!一緒に載せたい画像とかイラストとかありましたら下記のツイッター宛にDMやリプライで送ってください。イラストはご自身で描いたものに限りますのでご注意ください。

Goliath (@Frontaris) | Twitter

 

新殺人鬼案 ドラゴニュート

f:id:tableturning:20171111181710p:plain

性別:男性

投稿者:ひひひさん

 

固有武器

通常武器

長剣

機械的なデザインの長剣。切れ味は日本刀並みに鋭い。普段は一本だが激昂状態になると二刀流となり、距離が空いていてもジャンプ攻撃ができるようになる。

特殊武器

破壊衝動

ドラゴニュートは時折彼の奥底に隠された異常な破壊衝動を爆発させる。20秒以上サバイバーを追跡し逃げられた場合怒りゲージが1貯まる。いつでも3使い激昂状態になることができる。

 

【激昂状態】一定時間破壊衝動を爆発させ鬼となる。一定感覚でマップ全体に聞こえる咆哮をあげる。15m以内で聞くとスタンする。移動速度が著しく上がる。障害物の破壊速度がとても上がる。 通常状態に戻ると10秒間動けなくなる。

 

固有パーク

固有パーク1

absolutely destroy

スタンするとゲージが0.5上がり、ごく短い時間ワンパンモード。 「どいつもこいつも私の邪魔をするな……ああ、壊したい!!!!!壊 シ タ イ!!!!!!!」

固有パーク2

ザ・ロア

咆哮の間隔が最大3秒広がる。 「あれは人間に出せる声量ではなかった。心を悪魔に売り渡した化け物の声だった」
   

 

キャラ説明

ある若者が、人ならざるものに成れ果てた姿。竜の頭を持ち、二本の剣を携えている。いまでは彼の目には、破壊衝動しかない。壊す。すべて壊す。

 

背景

彼は生まれた頃から心のなかに何かどす黒い欲望が満たされずに鎌首をもたげているのに気づいた。 彼は常に静かに微笑んでいた。誰に否定されても、バカにされても、どんなひどい怪我をしても、ただただ穏やかな目をしていた。カツアゲ、暴力、強制万引き。それすら生ぬるいレベルのいじめだった。

 

隠された彼の落とし物を見かねて探してわたしてあげると、「ありがとう」と笑ってくれた。親友ができた。ずっと仲の良い相手として、お互いの名前を生涯覚えていることを約束した。 だが、ある日私は見てしまった。 あれほど彼をいじめていた不良たちの頭が血で真っ赤に染まりながら、彼に髪の毛を捕まれていた。地獄の光景だった。

 

「怒りそうになると、何かが僕を押さえるんだ。そして後でこうやって復讐してくれる。僕のもう一人の優しい親友なんだ」 その後から、彼の笑顔には恐怖しか感じなかった。誰にも相談できなかった。 数年後、夜道を歩いていると彼に会った。 私はあの事も忘れて学生時代を振り返っていた。 その時、彼の腹から包丁が生えた。 彼が殺したいじめっ子の父だった。 「お前も口封じに殺してやる!!」 目の前に親友の死体。 頭を踏みつけられ床に組伏せられる。その瞬間、私の頭のなかに純粋な疑問が生まれた。 確かに殺したのは彼だ。

 

だが、 殺 さ せ た の は 誰 だ ? 怒り。激しい怒り。赤く黒い、歪んだ感情が頭のなかを駆け巡る。 ああ、そうか。 これが、彼の感じていたものか。 その時から、私は私のなかに、『彼』を受け継いだのだ。

 

 

管理人の感想

 

f:id:tableturning:20170711225401j:plain
 
ななななんと!今回はイラストまでいただきました!!かっこいいイラストありがとうございます!嬉しいです!!そして今回は破壊衝動ガン開きな殺人鬼案ですねー。ブラッドヴェインを思わせるこうガーーーっとした感じの殺人鬼案も好きです。ガーーーっとした破壊衝動って逃げる側としてもゾクっとくるものありますよね。ステージ一杯に咆哮してほしいぐわあああって。人間から魔物になるって言うのも良いポイント。
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章(引用を除く)や筆者が撮影した写真などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。(ゲーム画面のスクリーンショット、商品画像、その他画像などに関しましては原典の著作権を所有している権利者に帰属しており、筆者に権利はございません)