ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

年末なのでいいねの数だけカミングアウトする(ゴリアテ、31の闇)

どうせいいねなんてこないだろと思って軽率にやってみたのが間違いでした……。

f:id:tableturning:20171222072453j:image

いいね31件!!?31個もカミングアウトしなきゃいけないの!!?一体何をカミングアウトすればいいんだ。私のカミングアウトなんて需要があるのだろうか。そんな疑問を抱えつつカミングアウトを書き連ねるのであった。

 

ゴリアテが抱える31の闇

1)サイトのタイトルの候補名は「シエスタ」「シャルル」「アルカナ」の三つしかなかった。今でも周囲からシエスタにしろと難癖付けられる。

 

2)名前の由来を聞かれるが狡猾な上、計算高すぎて話せない。

 

3)職場に人にまどマギの誰かに似てるといわれ、癒し系のまどかちゃんかなと思ってたらまさかの「きゅうべえ」だった。帰ってからも親に言うと「そうなんだよ!あんたはキュウべえみたいだとずっと前からそう思ってたんだよ!」と絶賛されて微妙な気持ちになる。

 

4)キュウべえに似てる理由を聞くと「可愛い顔をして怖いことを言う」、「聞かないと全く答えないけど聞くと丁寧に教えてくれるが言うことはひどく希望のないことばかり」、「理論的すぎて情のカケラもない」、「お前には人の気持ちがわからない」、「子供の頃はそんなんじゃなかった」と散々けなされる。

 

5)殺してでも奪いたい。そんな恋もあったわ(by 氣志團)

 

6)やれたかもしれない思い出がある。

 

7)男性恐怖症のケがある。

 

8)寒いのが苦手すぎてぬいぐるみを抱いて寝ている。

 

9)将来の夢は高層マンションの最上階に住みたい。この手で大金を掴みたい!(by 金と銀)

 

10)わりといいねやフォロワーの数やアクセス数などの数字には強い執着を持っていない。重要なのは自分にとって利害があるかそれだけである。 

 

11)ゴリアテの中には二つの人格があり、庶民とかわらないただの読み手としてのゴリアテと冷酷かつ非常な執筆者としてのゴリアテがいる。普段表に出ているのは前者の方。 

 

12)DeadbyDaylightと出会う前は感情を失った機械のような人間だった。 

 

13)幼少時は男子たちから踏みつけられ大人になってからは職場の男性社員たちに踏みにじられたせいで男嫌い。そのせいか執筆する小説にも男性の人物像に関しては男特有の嫌な面が強調される。 

 

14)新卒時代周囲の社員から上司と付き合ったら?あなたが上司の支えになってあげて。上司みたいな男性がいいんじゃない?と何度も進められブチ切れる。これが社畜後期の暗黒時代とつながる。

 

15)上司を数年かけてその地位を破壊することに成功する。

 

16)ゴリアテに発注かけると単価で最低でも1万は吹っ掛けられる。サイトを制作してもらおうとすると何十万も吹っ掛けられる。プロが動くと言うことはそう言うことなのです。

 

17)付き合った数は一人。

 

18)約五年間一人の男に片思いしていた無駄な期間がある。尚能力だけ利用された結果に終わる。

 

19)文章が読めない人はサポート対象外なので扱いが雑。

 

20)見た目はなんかお嬢様らしい。

 

21)かろうじて使える言語はC言語javascriptJava、HTML、phpCSS

 

22)正直心が弱い人はブログやサイトの運営をやるべきではないと思う。数字に心が溺れて強欲になり何をすべきかを見失ってしまう。初めは他者のためにやっていた事が金儲けのための手段に目的が変わる。金に負けない強さを持たない人間は無償奉仕のツイッターにしとくべき。

 

23)男には恋愛感情はないと達観している。

 

24)人から中傷されたり貶されて傷ついたフリをする事があるが、それは悲しい体験が他者の共感覚を増幅させ怒りを鎮めさせさらなる共感と依存を生むという心理学に基づいたPV増加のための戦略である。

 

25)感情のままに生きてくというのは時に誰かを傷つけてしまい思った事を口に出せないのは時に誰か孤独にさせて行く。その駆け引きを間違えたことに気づくのは大抵失った後である。

 

26)子供の頃学校でグループ作ってーと言われたので「私も入れて」といったら丁重にお断りされた。その次の週の授業で座る席がないのでそのグループの席に座ったら「また来たよ」と舌打ちされた。

 

……大人になった今、社会的にも能力的にもこちらの方が強者なのでいつか復讐してやろうと目論んでいる。名前は覚えてるぞ。お前のfacebook見てるぞ。

 

27)子供の頃、好きな人同士でグループ作ってーという号令が死ぬほど嫌いだったけど今言われたら堂々と一人でふんぞり返る自信がある。

 

28)実はfacebookに復讐予定の友だちリストを作っている。

 

……が、あまりにも彼らの実情が底辺すぎたため優先順位を最低に下げている。

 

29)この記事はゴリアテの第二の人格である執筆者ゴリアテが書いている。そこに庶民としての彼女はいない。

 

30)実はこの記事を書くのに半日を費やしている。

 

31)実はもう書くことがない。

 

と!これが私のカミングアウトでした!!大して面白くなかったかな!?

いいねしてくれたみなさんありがとうございます!つまらなくてごめんなさい!

 

 

 

 

 

 

 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章(引用を除く)や筆者が撮影した写真などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。(ゲーム画面のスクリーンショット、商品画像、その他画像などに関しましては原典の著作権を所有している権利者に帰属しており、筆者に権利はございません)