ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

ネクロダンサーボス攻略「ディープブルース編」【Crypt of the NecroDancer】

f:id:tableturning:20180204153540p:plain

ディープブルース

女を傍らにはべらせジャズっぽい演奏をしているリア充。しかしその本質はリア充に憧れて形だけ装っているだけの童貞であり、女はマネキンに命を吹き込んだだけのハリボテである。

 

実はこのキング、自分が童貞であることに対して酷いコンプレックスを持っており必死にリア充キャラを装っている。が、周囲のボスからはバレバレな為、哀れみの目で見られている。ジャズを演奏しているのも彼のイメージする「モテ男」になるためである。ああ、哀れ。尚、今年の誕生日で魔法使いから晴れて妖精になる予定。

 

f:id:tableturning:20180204144018j:plain

ジャズの演奏なのでゆったりしているが、チェスと同様盤面が雑魚に覆われているため余り余裕が無い。チェスの駒の一部は終端までたどり着くと将棋で言う「成り」が成立し、ただの歩兵がクイーンに代わる。その時彼が理想とするハーレムワールドが完成するのだ。

 

ディープブルースたちの攻撃範囲

キング
  攻撃  
攻撃 king.png 攻撃
  攻撃  
クイーン
攻撃 攻撃 攻撃
攻撃 queen.png 攻撃
攻撃 攻撃 攻撃

キングが本体でクイーンが攻撃担当。キングを殺せば勝負は終結する。童貞キングよりクイーンの方がはるかに強い。

 

ルーク
  攻撃  
攻撃 rook.png 攻撃
  攻撃  
ビショップ
攻撃   攻撃
  bishop.png  
攻撃   攻撃
ナイト
  knight.png   
     
攻撃   攻撃
ポーン
 
 
 
  pawn.png   
攻撃   攻撃

 

雑魚たちの攻撃範囲は斜め攻撃もあるので結構めんどい。いつも通り一人ひとり処理していけば良いのだが、いかんせん雑魚的の数が多く、しかもステージが進むと雑魚の体力が全員2になるため殺しきれない。雑魚によっては攻撃が当たらないポイントがあるので、アイテムが弱い場合はそこを付くのも良い。ポーンが終端までたどり着くと、クイーンになってしまう。大量のクイーンが発生すると囲まれてやられるので早めに処理したい。

 

ルーク:普通に移動してるので普通に倒せる。

ビショップ:斜めに移動する駒。正面にいれば攻撃を受けずにすむ。

ナイト:一マス斜め先の位置に頭を伸ばして攻撃してくる凶暴な駒。一番うざい。

ポーン:斜めにいると攻撃してくる。正面にいれば安全だが終端までたどり着くとクイーンと化すバケモノ。

あると便利なアイテム

f:id:tableturning:20180204153243p:plain

ring war.png ring might.png feet boots strength.png
電撃ダガー 戦の指輪 怪力の指輪 力のブーツ

いくら数がおおくても所詮は雑魚の寄せ集め。一体一体、確実に殺せさえすれば後は楽。ただ体力が全員2もあると殺しきれずクイーンの大量発生事件となるので、攻撃力アップは一つ欲しいところ。なお電撃があれば一網打尽にできる(そもそも電撃ダガーを手に入れるのが難しいが)

 

ディープブルースの倒し方

攻撃力が高ければ一体一体駆除していく
雑魚を全て倒すと逃げていたキングが一騎打ちを仕掛けてきます。対して強くないので簡単に倒せます。
ナイトの遠距離攻撃にご注意
ナイトの駒はY字の方向に攻撃することができ、油断していると当たります。
ビショップとポーンの並びに注意
ビショップとポーンが並んでいると一人を駆除している間にもう一方から攻撃が着ます。鬱陶しい。
ポーンを画面端までたどり着かせるな
ポーンはクイーンと化す駒なのでうっかり放置していると大量のクイーンが発生します。クイーンは8方向全てに攻撃ができ、機動力のある駒なので大量のクイーンがいるとあっという間に包囲されます。
クイーンが大量発生したら一列に並ばせて一人ずつ処理
もしもクイーンが大量に生まれてしまったら、上手くクイーンを一列に誘導すれば安全に処理が出来ます。
当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章(引用を除く)や筆者が撮影した写真などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。(ゲーム画面のスクリーンショット、商品画像、その他画像などに関しましては原典の著作権を所有している権利者に帰属しており、筆者に権利はございません)