ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

【最新版】ランク1のサバイバーが厳選するおすすめパーク構成リスト【DeadbyDaylight】

サバイバーやるときに私がよくつけるパーク構成をまとめてみました。参考程度に見てください。ものに応じてバランスランディングつけたり、クイクワロッカー戦法とかあったりするんですけど時間があったら紹介していきたいです。

 

更新日:2018年4月10日 現在

Ver:1.9.3

 

 

※セット名は分かりやすくするため筆者が勝手につけて呼んでるだけなのでご了承ください。

 

負傷しても即回復!修理・回復・耐久チェイスもなんでもできる万能パーク

セット名:レジリエンスは最強

f:id:tableturning:20180410220520p:plain

セルフケア

f:id:tableturning:20180410220554p:plain

レジリエンス

f:id:tableturning:20180410220502p:plain

植物学の知識

f:id:tableturning:20180410221244p:plain

全力疾走

メリット

セルフケアを主軸とした回復及びチェイスに特化したパーク構成。絶対負けられない勝負の時や初心者を引率するときによく持って行きます。

  1. セルフケア:自己治療できます。レジリエンスと植物学の知識によってかなり治療が早くなります。
  2. レジリエンス:自分が負傷している間9%作業が早くなります。回復だけでなくゲートの開放や修理にも使える万能パークです。セルフケアをすんでで止めておいて修理するのもあり。
  3. 植物学の知識:治療速度が20%上昇します。チェイスするとき一撃食らっても、レジリエンスとあわせると29%回復が早いのでほんの少しのスキに治療できます。
  4. 全力疾走:足が速くなるパーク。チェイス時は必須ですね。個人的にはデッドハードとかの方がすき。

デメリット

マイケルのLv3やノーワンなどの一撃死にとても弱いです。

 

デッドハードをたくさん使いたい

セット名:とにかくデッドハードを使いたい

f:id:tableturning:20180410222242p:plain

都会の逃走術

f:id:tableturning:20180410223544p:plain

夜警

f:id:tableturning:20180410220554p:plain

レジリエンス

f:id:tableturning:20180410220319p:plain
デッドハード

メリット

デッドハードが好きなので疲労状態をすぐに回復したいときにつける組み合わせ。

  1. 都会の逃走術:デッドハードの疲労をより早く回復するために付けていきます。少しの間でもしゃがんで回復できる。
  2. 夜警:これをつけていくと疲労が早く回復すると聞いてつけるようになりました。
  3. レジリエンス:どうせ負傷状態になるので9%作業速度上昇の恩恵を貰おうかと。

デメリット

セルフケアがないので血の跡とか吐息で殺人鬼に何度も見つかってしまうところかなぁ。あと自己治療できないので仲間の救出ができないのが悩み。救助ポイント乗らないし。

 

ポイントがとにかくほしいBP稼ぎパーク

セット名:ポイントに取り付かれた奴隷

f:id:tableturning:20180410230212p:plain

許された猶予

f:id:tableturning:20180410230255p:plain

ずっと一緒だ

f:id:tableturning:20180410220520p:plain

セルフケア

f:id:tableturning:20180410220319p:plain
デッドハード

メリット

ずっと一緒だを使用したポイント稼ぎパーク。不評を買いたくないので猶予も持ってく。

 

  1. 許された猶予:心音範囲内でフックにつられた人を救助すると、その人に保護がつき一回だけ切られても瀕死にならなくなる。これをつけてないとポイント目的の無理救助とか言われてしまうのでつけて行きます。
  2. ずっと一緒だ:フックに吊られた人を助けたり、その人の身代わりに一撃うけるとトークンがたまって25%ポイントが増える。本作屈指の稼ぎパーク。これでジャンジャン稼ぐよ!
  3. セルフケア:負傷した状態だと仲間の身代わりとかできないので・・・・・・。

デメリット

あんまり無茶な救助をすると不快を買うのとキャンプする人だと救助ができなくて美味しくない。あとずっと一緒だをつけてる人が他にいるとポイントの奪い合いになる。

 

筆者がチェイスで遊ぼうと思ったときにオブオブパーク

セット名:オブオブつけて殺人鬼と追いかけっこ

f:id:tableturning:20180410222242p:plain

都会の逃走術

f:id:tableturning:20180410221709p:plain

決死の一撃

f:id:tableturning:20180410221732p:plain

執念の対象

f:id:tableturning:20180410220319p:plain
デッドハード

メリット

チェイスを頑張ろうって思うときによくつけていく攻勢です。

 

  1. 都会の逃走術:デッドハードの疲労をより早く回復するために付けていきます。少しの間でもしゃがんで回復したいので。
  2. 決死の一撃:通称ディサイシブといいます。実はオブセッションより非オブセッションの方が実は得意なんですよね・・・・・・。非オブのディサイシブは一定もがいてから刺すんですけどこれが完全に不意打ちからの攻撃ができるので。
  3. 執念の対象:殺人鬼に位置バレする執念の対象はチェイスをするとき相手の位置がわかってすごく役に立ちます。殺人鬼を視界に納めていると反応してしまうので必要がないときはあさっての方角を見ながら移動します。慣れるまで大変かも。
  4. デッドハード:個人的にスプバよりすき。ボタンを押して1秒だけ早く走って無敵時間がつく。いつでも発動できるのがいいですよね。

 

ちなみに執念の対象は持っていても殺人鬼は煽りません。みんなに迷惑がかかってしまうので。

デメリット

オブセッションを貰いやすいというところでしょうか。やはり非オブセッションのディサイシブが強いので。あと執念の対象は上手に使わないと序盤から殺人鬼に位置バレして意味のないチェイスが始まってしまうことが多いです。チェイスの目的として「追われている仲間を守る」、「どうしても見つかってしまった」、「発電機が全て完了してゲートを開けるだけ」と言ったような状況が最適かと思うので。板を一枚も使わなければそれがいいですが、不用意にチェイスを行って板を減らしてしまうと、他の人の生存率が下がってしまうので使い方の難しい執念の対象は完璧に使いこなしたいところです。

 

ライト・・・アイテムを長く使いたいときのためのパークセット

セット名:ライトをたくさん使いたい

f:id:tableturning:20180410231055p:plain

都会の生存術

f:id:tableturning:20180410231308p:plain

こそ泥の本能

f:id:tableturning:20180410220520p:plain

セルフケア

f:id:tableturning:20180410231353p:plain
最後の切り札

メリット

ライトアイテムをたくさん使いたいなと思ったときにつけていく。ただライトはただでさえ最強クラスの強さを誇るのでさすがにデッドハードとかスプバとか強いチェイスパークは併用するほどの鬼畜な心はありませんでした・・・・・・。でも正直ライトがあれば十分チェイスできるので強いパークは要らないと思う。 

  1. 都会の生存術:持っているアイテムが15%長持ちする。これでたくさんライトを使う!
  2. こそ泥の本能:ライトを現地調達する!ついでにちょっとレアなアイテムもでやすくなる!
  3. セルフケア:もしも救急箱がでたら消費速度が減少するのでそれに使います。運を上げるパークでもよかったけど上昇量がそもそも少ないのでいらないかな・・・・・・。
  4. 最後の切り札:ボックスから拾ったアイテムにアドオンを付与する浪漫パーク。いいアドオンでるといいなぁ。

デメリット

フランクリンの悲劇で折角拾ったアイテムを落とされる(泣)

 

殺人鬼が怖い怖がりな人のための初心者用パークセット

セット名:殺人鬼の位置が分かる

f:id:tableturning:20180410232502p:plain

予感

f:id:tableturning:20180410232357p:plain

凍りつく背筋

f:id:tableturning:20180410220520p:plain

セルフケア

f:id:tableturning:20180410232621p:plain
共感

メリット

怖がりな初心者さん用セット。これがあると殺人鬼のおおよその位置が分かる。あんまり使いすぎるとクセになるので早めに卒業したいところ。 

  1. 予感:前方方向に殺人鬼がいると気に点灯する。再使用時間があるが猫と比べて分かりやすい。
  2. 凍りつく背筋:通称猫。殺人鬼がこちらを見ていると気に反応する。点灯したら即隠密。意外とチェイスにも使える。
  3. セルフケア:自己治療できるってだけでもかなり安心。
  4. 共感:負傷した仲間の位置が分かるので誰がチェイスしているのか今は安全なのかなどの情報を手に入れることが出来る。

デメリット

Lv1のマイケルには通じないところ。猫反応しないし……。あとあまり使ってるとクセになって抜け出せなくなる。これがなくても動けるくらいには上達したいところ。

 

発電機をさっさと直して移動速度を上げる

セット名:ザ・ホープ

f:id:tableturning:20180410233418p:plain

リーダー

f:id:tableturning:20180410233517p:plain

希望

f:id:tableturning:20180410220554p:plain
レジリエンス

f:id:tableturning:20180410232532p:plain

メリット

発電機をさっさと直してチェイス力を高めるパーク。即効修理は基本戦法。 

  1. リーダー:味方の作業速度が9%速くなる。自分には効果が無い。
  2. 希望:発電機が全て修理されると自分の移動速度が7%上がる。はや~い。
  3. レジリエンス:負傷しているとき作業速度が9%上がる。はや~い。
  4. 絆:仲間の位置が分かる。

デメリット

ノーワン持ちのキラーだと叩いてすぐ瀕死になるのが悩み。怖かったらトーテムを全部もがないといけない。

 

トーテムも罠もすべて破戒工作。 打倒ブラック企業御曹司!

セット名:トラッパー殺し

f:id:tableturning:20180410234949p:plain

小さな獲物

f:id:tableturning:20180410235035p:plain

サボタージュ

f:id:tableturning:20180410231308p:plain
こそ泥の本能

f:id:tableturning:20180410220520p:plain
セルフケア

メリット

ノーワン対策のためにひたすらトーテムを壊す破壊者向けのパーク。宝箱と併用して自由に動こう。 トラッパーも殺せる!

  1. 小さな獲物:周辺に罠とかトーテムがあるときチカチカする。コツがいる。
  2. サボタージュ:罠やフックを破壊できる。ついでにトラッパーへ嫌がらせするためにつけた。トラッパーの罠おいしい。
  3. こそ泥の本能:素手で壊すのは大変なのでツールボックスを拾おうかと・・・・・・。

デメリット

トラッパーがいないのサボタージュが完全に死にパークになるとこ。あとトラッパーが本気で怒って怖いこと。

 

ここで一句。

トラッパー、
罠がなければ
ただのハゲ

 

f:id:tableturning:20160918204430j:plain

※筆者はトラッパーによって粛清されました。

 

管理人のおすすめ最強ウルトラスーパー最強パーク!

セット名:最強パーク

f:id:tableturning:20180410220308p:plain
弱音はなしだ

f:id:tableturning:20180410220554p:plain
レジリエンス

f:id:tableturning:20180410220319p:plain
デッドハード

f:id:tableturning:20180410235635p:plain
現実逃避

メリット

管理人が絶賛おすすめする最強のパーク構成!負傷時に9%作業が早くなるレジリエンスをずっと使える!

  1. 弱音はなしだ:最初から最後までずっと負傷しているパーク。血の跡は付かないしあえぎ声もしない!さらになんと瀕死になっても溜めればなんどでも瀕死から復活できるのだ!強い!!
  2. レジリエンス:傷ついているときになんと9%も作業速度が上がる!早いぞ!傷ついたまま修理に治療にゲート開放!やったね!
  3. デッドハード:傷ついてるときにボタンを押すと一秒加速して無敵時間も得るんだ!これで殺人鬼のミスを誘発できるぞ!
  4. 現実逃避:なんと傷ついたときにグレイトゾーンがちょっと広くなるんだ!ごめんなさい嘘ですゴミカスパークですこれ。ディサイシブ担いだほうがいいです・・・・・・。

デメリット

なんかわからないけどこれでフレンドと一緒に遊ぼうとするとすっごく嫌がられる。野良でマッチした仲間からも冷たい視線を投げかけられる。あとタナトフォビアでみんなが迷惑する。