ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

【fallout76日記】キャンプが消えた!!プレイ日記6日目

fallout76のサーバーは不安定だ。

突然画面が固まったり一緒にプレイしているフレンドがサーバー落ちしたりしたらアプリケーションエラーの前兆かもしれない。

 

f:id:tableturning:20181211081339p:plain
f:id:tableturning:20181211080202p:plain

 

その日も私はfallout76で家の増築を繰り返していた。

巨大化する我が家、ピアノを置き管楽器を置きいつでもセッションができるような環境にしておいた。音ゲー大好きなゴリアテ、友人との音ゲーセッションプレイ。それが私の夢だった。友達が一人もいないから叶わなかったが。

 

そしてそれは突然起きた。

 

f:id:tableturning:20181211080817p:plain

エラー

アプリケーションエラー、突然のブルースクリーン。私の目の前は真っ青になった。文字通り。

 

だがさほど珍しいことではない。サーバーから追い出されたらまた接続し直せばいい。ワークショップはリセットされるが仕方がない。なんてことない。いつも通りだ。

 

そして再び、fallout76を起動しサーバーに潜ってみると。

 

f:id:tableturning:20181211080346j:image

ない!!

私のキャンプがない!!

 

空っぽな草原、静かに流れる川。ここにまたぐように設置されていた私の家がない!!!キャンプが消えた!!?

 

f:id:tableturning:20181211080434j:image

試しに地図を開くと地図から自分のキャンプが消えている!!

 

f:id:tableturning:20181211080401j:image

私の目の前にはかつて家が建っていた川が流れている。一生懸命設置した浄水器も悩みながら配置した私の書斎もなにもないのだ。

 

キーボードマニアは?ギタドラは!?

ぼくの夢の脳内セッションプレイは!?

 

嘘だ!!

キャンプは確かにここにあったんだ!!

キャンプが消えるわけがない!キャンプが消えちゃうなんて!!

ぼくが一生懸命頑張った時間が全部消えちゃうなんて!!信じられない!!

 

現実を受け止められず半狂乱になりながらその場をさまよいキャンプを探し続けるゴリアテ

 

だがいくら探せど探せどもかつてあった我が家はもうそこにはない。ひたすら草原と川が続くだけ。

ゴリアテが何十時間もかけて建築した家はどこにもないのだ。

 

「嘘だ……嘘だ……」

うわごとのように繰り返しながらその場を行ったり来たり。

 

それでもわずかばかりの希望を求め何分も何分もキャンプがあったはずの場所をさまよい歩きひたすら自分の建築を探し回った。

 

そしていくばくかの時間が過ぎ…

 

なんとキャンプがみつかった!!

 

f:id:tableturning:20181211080638j:image

他人のキャンプが

 

そうfallout76はサーバーにインした際、自分がキャンプを立てた場所に別の誰かがキャンプを建てていると重複と判断され自分のキャンプが消えてしまうのだ。

 

開発者はこれを仕様と言い張っているがどう見てもシステムの欠陥だ。昨今騒がれたfallout76の返金騒動は全てこういったシステムの欠陥によるものだ。最悪持っていたアイテムまで消えることがある。

 

プレイヤーが返金を求めるのも分からなくもない。自分が時間と愛情を積み上げて建築した家をある日唐突に奪われてしまうのだからそのダメージは測りし得ない。しかもその情報はゲームのTipsという分かりづらい形で置いてあるだけ。

 

そもそも開発者の観点からも「他のプレイヤーと重複したから消しました〜仕様で〜すw」なんてセリフがちゃんちゃら可笑しいことは調べなくてもわかる。

 

一応、キャンプの「保管」に自分が作った家の図面が残っておりそこから復元できるが別の場所にキャンプを移したところで家があまりにも大きすぎるため復元ができない。1から作り直すことしかできないのだ。

 

「ううっ、どうして…どうして!」

涙を流し嗚咽をあげながらその場で打ちひしがれがれる。

 

「こんなものがなければ……」

 

f:id:tableturning:20181211181156j:image

「うわあああああ!!!お前さえいなければあああ!!」

 

ゴルフクラブを振り上げ他人のキャンプに殴りかかるゴリアテ。周囲には虚しい金属音が響くだけだった。いくら他人のキャンプに殴りかかったところで解決はしない。懸賞金がついて他のプレイヤーに狩られるだけである。

 

泣く泣くcampを作り直すゴリアテ。夢のゴリアテ帝国は一歩後退したのであった。