ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

医療崩壊は国だけのせい?病院に行って思ったこと

同居している家族が急な高熱を発症し、見るからにヤバそうな雰囲気だったので急いで病院を探すことになった。

 

はじめ厚生労働省が出しているコロナウイルスのガイドラインに沿って東京発熱相談センターに電話した。

電話はすぐ取ってくれてとても親切に対応してくれた。過去の行動から色々アドバイスくれて病院を紹介して、診察の手順を教えてくれた。

 

ここまでは良かったんだけど、電話が全くつながらない。

何度かけてもまったくダメ、どの病院も通話中。まともに電話がつながったのは二時間後だった。

普通の人は医療崩壊してるから、って思うかもしれないけどこれはそうじゃないと思った。純粋にタイミングが悪いのかもしれないけど、理由は一つだと思った。

 

みんな近所の病院にワクチン予約の電話をかけてる

電話がつながらない理由はワクチンの予約じゃないだろうか。その予想は的中した。ようやくつながった病院に行ってじっと待っている間、受付の人はずっと電話にかかりきりになっていた。会話の内容は全部ワクチンの予約について、同じ話を何回もしている。

 

受付の人が「ワクチン予約は市で管理している」、「順番を守らないとみんなワクチンをうけられなくなる」って何度説明しても納得する様子がない。ずーっと電話が続いてる。それが何度も繰り返されて、同じ説明がまた続く。納得しない電話相手。

 

厚生労働省でワクチンの接種会場が掲載されているサイトがある。そこに病院のワクチン受付状況とリンクが乗っていることがある。そこを通じで電話が来てしまっている…というなら分かる。

だがそうじゃない。そのサイトにこの病院は乗ってなかった。なのに電話が殺到している。

 

みんなよく調べもしないで病院に電話してる

みんなよく調べもせず、または知っているけど取り合えず近所の病院に直接電話しているのだ。電話の内容からその病院を普段から利用している患者だということを察することができた。

 

自分には接種のお知らせはこないけど、ワンチャン病院に直接電話すれば受けられるんじゃない?と考えるのかもしれない。

たった一台しかない回線がその内容で埋め尽くされる。これでは本当に急患の人に医療が届かない。

 

ワクチンの予約体制

みんなワクチンの予約体制がなってないからってまた思うかもしれないけど、今朝なにげなくかけたyahooニュースの日テレライブでワクチンの接種は何歳以上って指定があって市町村から接種券とお知らせが届くようになっていると話していた。テレビがない私でも知っている。

 

そして市町村ごとに接種会場があって、予約方法が市町村に一任され、場所によってはワクチンのコールセンターが用意されていたりする。

そんな中、病院に直接問い合わせする人がこんな風にたくさんいる。

 

我先にワクチンを求める身勝手な人たちのせいで、病院がいらない労力を割いている。それをみんな、国のせいだとか政府のせいだとか言っている。本当の原因が見えていない。

 

日本は政治体制の仕組み上、国が警察や自衛隊を動員させて国民の行動に制限や罰則をかけることができない。

ルールを無視して病院に電話を掛ける行為も、ワクチンの予約だけして枠だけ埋めて受けずに帰る行為も。

 

どこか政府よりも国民のほうが偉いと思っている節がある。だからルールを破って良い。その結果、国が提示したルールや手順を守ってくれない。無視してしまう。結果ルールが乱れ、順番が守られず、医療がひっ迫する。

 

ワクチンの予約ははじまったばっかりだし、もしかしたらたまたま自分が病院を探すタイミングが悪かっただけなのかもしれない。むこう一週間もすればあらかたの人は問い合わせ尽くして落ち着いてくるんだと思う。

 

でも本来ある問題を直視しないで、とりあえず全部国だけのせいにしてしまったら問題はずっと解決しない気がする。

緊急事態宣言をだしてもみんな言うこと聞かないのも、テレワークを推奨してもそれができるのに導入しないのも。医療崩壊も、コロナが蔓延したのも本当に国だけのせいなのだろうかと思う今日この頃であった。