ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

A側の視点から32歳腐女子問題を読み解く

pma-c.hatenablog.com

はてな匿名ダイアリーから始まった最近トレンドになっている32歳の腐女子がどうのこうのという記事。友人側で綴られた話では友情が切れてしまったとのことなのですが、これをA側で見ていくと本質的には腐女子かどうかは関係ないような気がしました。

 

最期に語られたコロナの件に関しても4月の時点、まだ緊急事態宣言が出ていない時期に感染者が出ていない地域でオフ会をするのと、東京でバーベキューをするのとでは話の度合いが違ってくると思いますし…。

 

anond.hatelabo.jp

元となった32歳腐女子のはてな匿名ダイアリーで注目されているのは32歳腐女子の幼い言動や、年の割に野暮ったいファッションについて語られていました。ただこの友人側のブログで縁が切れてしまった本質は「価値観があわなかった」の一点に尽きるような気がします。

 

腐女子であるA側からみると友人たちは偏見が強く、過干渉に見えたのではないでしょうか?

記事内では、服装だけに関わらず10歳年下の子と関わっている点財布のセンスにも言及しています。

ですが10歳年下と話したことある人なら分かるかと思いますが、10代、20代だからと言ってみんなはっちゃけているわけではないし、落ち着いていて賢い子もかなりいます。それこそ30代で幼い腐女子がいるように。同年代だからと言って話があうわけではないですし、それこそ社会人になれば年齢問わず付き合うようになります。

 

ブランド物の財布のくだりに関しても、財布はその人のライフスタイルに合わせて買うものですので、正直自由なのです。昔は長財布を持つ人が品性がよく、折り畳みは品がないとか言われる時代もありましたが時とともにそれは偏見と言われ、今は折り畳みでも、長財布でも、マジックテープでバリバリー!音がするのでもジップロックでも自由です。

 

そもそも服装について、年齢相応とか他人に指摘しすぎること自体が逆に失礼に値します。日本人は他者の目を強く意識し、尚且つ同じ日本人に厳しい目を向けるので日常的に他人にとやかくいいがちですが、やりすぎると些細なことで他人の揚げ足取りをする日本人特有の陰湿さが際立ちます。

 

おそらく、腐女子のAから見たら友人たちは「常日頃他人に干渉し、尚且つ強い偏見を持った人」として映ったのではないでしょうか。

 

「偏見や差別意識が強い人」だと一度思われると、他人もその人に対して差別的に扱うようになります。自分が他人を「あの人は年の割に服装が子供っぽくて常識がない」「あの人はいい年してバイトしている」と、評論してきたように同じことを他人から返されるようになるのです。例えば嘘をつかれてドタキャンしたり。ドタキャンはマナー違反で嫌なことですが、他人が自分に対して思うところがあったりなんとなく了承したけど居心地が悪いという理由がある場合そこに突っ込むと藪蛇です。

 

はたから見れば縁を切ればいいじゃないかと思いがちですが、大人になると自分から縁を切る行為はリスクがあります。縁を切るというのは代償が伴う面倒なことですしこちらから切ると「あいつから切った」と風潮され「私は何もしないけど、あいつが勝手にブロックした」というように悪者にされやすいです。

人によってはわざとブロックするように誘導したのに「あくまでも自分は何もしていなけど、相手が自分を切った」とスタンスを取る人もいるので乗せられてブロックすると非常にめんどくさいです。

 

自分は一度これをやられたことがありますが「私は仲よくしたかった」と共通の知人に口で言うのですが、送られてきた文章からはその気配は微塵も感じさせない。お前これ送っといてそれ言う?みたいな。結構面倒な事態になりました。

 

いずれにしてもこの系統の問題は「価値観が合わないゆえに、いずれは終わる友情だった」に尽きると思います。