ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

Beholder DLC「幸福に至る眠り」全エンディング攻略メモ

 

BeholderDLC幸福に浸る眠り」の全エンディング攻略メモ。

DLCで解放できるエンディングは全部で5種類。グッドエンドを目指すのであればお金と評価ポイントどちらも必要。

 

 

Beholder 全エンディング

ぐっすり眠るバッドエンド)

安楽死エンド。ただのバッドエンド、ゲーム開始から終盤まで何もしなければこっちに行く。そのほか、ゲーム序盤でも安楽死センターに電話するとこのエンディングになる。
オーダー「お前は慌てるばかりで何もしていないニャ」

第9地区(メリーバッドエンド)
ほとんどバッドエンド。警察官の夫婦の家庭内暴力を目撃したのち、彼の父親が88歳であることを家宅捜索で知る。警察官に助けを求める会話の選択肢で評価ポイントを使用せず、脅した場合こちらのエンディングに行く。

退職金なしで(グッドエンド)
第9地区の警察官の夫婦に評価ポイントを使用して海外に手助けしてもらう。この時の所持金が3万未満だとこちらのエンディングになる。このDLCでは住民の入れ替えに限りがあるため、評価ポイント500、1000、2000はかなりキツイ。
片っ端から部屋をあさって、ヤコブの息子のマーカスを利用しろ。彼にサンドイッチや炭酸水を上げると評価ポイントが手に入る。さらにズラタ救済イベントで、彼の母親に電話して金を15000送金すると4000ポイントの評価ポイントが手に入る。これで足りる。ヤコブはどのルートでも不幸になるが、このルートだけが唯一マシ。

ドルチェヴィータ (ハッピーエンド)
ヘクターにとって最も最高のエンディング。ヘクターが好きならぜひ目指してあげて!警察官夫婦に助力してもらったあと、お金を3万以上溜めてから幸福に至る眠りを受ける。3万ゴールドなら7万ゴールドより大したことないだろ。頑張れ!

111キロメートル(ノーマルエンド)
ブルーノの指令をすべて達成した後、アパートの入り口にいるブルーノに話しかけて安楽死を避ける方法を聞く。7万お金をためてブルーノに電話するとこのエンディングに行く。最後の指令はクラウス・シマーの不在証明書を盗むというものになっており、クラウスの部屋に忍び込んで不在証明書を回収してブルーノに渡す必要がある。
このDLCで7万はかなりキツイ。金をひたすら稼げ。住民の部屋にあるキャビアを盗んでひたすら売って、薬剤師の怪しい薬を犠牲者たちに渡さず、アイテム屋に転売しろ。トコジラミイベントで購入できる殺虫剤も全部転売。ズラタは見殺しで。

 

ネタバレあり各エンディング感想

以下は筆者の各エンディング感想

エンディング鑑賞後のネタバレとしてどうぞ。

ぐっすり眠る

ヘクターが安楽死を受け入れるか、時間切れで強制的に安楽死させられるという結末。テレビでは老人に対して敬愛を表して安楽死施設を開設したが、実際は安楽死を受け入れたものに対して敬愛などなくかなり乱暴な形で安楽死させられる。

 

ヘクターの墓に寄り添うにゃん坊の忠猫っぷりが切ない。おそらくほとんどのプレイヤーが最初に見るエンディング。

第9地区
警官夫婦がグッドエンドの条件になるが評価ポイントがなく、警官を脅した場合こちらのエンド。警官夫婦からの評価値が最低なので一応生かしてはくれるが最低限の事しかしてくれない。

安楽死用の薬の代わりに睡眠薬で眠らされ、そのまま死体安置場に移動され、死体に紛れて捨てられるというもの。ただし安楽死から逃れたことは政府にバレており、スラム街で逃げ続けるという結末になっている。忠猫オーダーも一緒にいる。

退職金なしで
所持金が3万未満のため海外に逃げたけどとりあえず働かないといけないエンド。オーダも一緒。警官の妻で看護師をしているカードルートは実は安楽死施設で、安楽死を担当しており、対象者に注射をしていた。大量に人を殺す罪悪感から、夫に自分を殴ってもらうよう頼み、自分自身に罰を与えていたのだ。

「もう限界です」と彼女は語る。安楽死施設にはどう見ても85歳に見えない若い人も多くいたのだ。彼女は自分自身が反逆罪で殺される覚悟でヘクターを外に逃がすことを決める。

ドルチェヴィータ
ヘクターにとって最も最高のエンディング。所持金3万以上でこちらのエンディング。にゃん坊と息子と海外で一緒に暮らすことができるエンディングになっている。お金も一杯あるので働く必要もない。

最後に、自分の代わりに犠牲になった人の事を憂うヘクターだが、このエンディングで犠牲になった人はあんまりいない。

111キロメートル
ブルーノに泣きつくとこちらのエンディングになる。汚職まみれのブルーノが実現させる生存のため、最低限の生活が保障されるだけでヘクターの理想の結末とはいえない。一生資料保管庫で馬車馬の如く働き、世間では死んだことになっているため、息子に手紙を送ることもできなくなってしまった。

息子と再度一緒に暮らすことは彼の夢であるが、それをあきらめたエンディングになっている。

一応ブルーノは、自分がヘクターを助ける場合どういう結末になるかを丁寧に教えてくれており、資料保管庫でこき使われることも、一生息子には会えないだろうということも説明している。それを受け入れた上でのエンディングとなっている。

さらにこのエンディングでは、ヘクターの身代わりとして別の人間が安楽死されるという仕組みになっており、ヘクターが生きる代わりに誰かが死ななければならない。

ブルーノは願いはかなえてくれるが必ず対価を要求する存在であることもこのエンディングで明かされる。