ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

アニメ・漫画・ゲームのレビューやグッズ等の紹介をしているブログです。メジャーなグッズから知られていないものまで幅広く取り扱っています。

マクロスデルタを最終回まで見た感想【マクロスΔ】

マクロスΔ

f:id:tableturning:20161129194012j:plain

マクロスΔの最終回を見ました。

f:id:tableturning:20161011125529j:plain

途中まで見た感想は前にも書きましたが、最終回まで見ても大して全体的な感想はあまり変わらなかったです。

 

 

ありきたりな結末

f:id:tableturning:20161011125014j:image

結論をいきなり言ってしまうとミラージュフレイアどっちを選ぶ?ってところでフレイアが選ばれます。マクロスはずっとサブヒロインが選ばれてきたので今回メインヒロインが選ばれたことで気を経てらってきたんだなあって思いますが、いかんせんそれに至るストーリーがフレイアありきで予想が容易い。

 

これでもしミラージュを選んでたらストーリー的におかしくなっちゃうし違和感ばりばり。こういうハラハラ感?のない三角形は初めから構成が破綻しているように思いました。

 

恋愛の流れも学生気分だし売りにした三角形も上手に発揮されてないし。ただハヤテがどちらかを贔屓しないで二人とも純粋かつ丁寧に接してたのは好感が持てました。フレイアに対しては女の子として、ミラージュには上官かつ戦友として。その辺の線引きはちゃんとしてた主人公だなあ。恐らく険悪にならなかったのはハヤテのおかげ。

 

問題山積み、なあなあで放置された最終回

 ストーリーがウインダミアという国と戦争になって、全ての兵力を注いだ最終決戦でぶつかり合うという展開だったのですが結末がかなりおざなりでした。

f:id:tableturning:20161011125529j:image

結果的にウインダミアの参謀担当が独断で動き古代兵器を用いた思想統一で恒久的な平和をもたらすという暴挙に出るのですがウインダミアと主人公たちが力を合わせてこれを阻止。なんだかんだ仲良くなって平和になりましたというオチ。

 

いやいや、あれだけ派手に戦って殺しあってその終わり方でいいの?納得できるの?

f:id:tableturning:20161011125648j:image

ウインダミアに至っては過去に地上兵器で国民を大量虐殺された憎しみがあるのに突発的な事故が起こってとりあえず和解。はた目から見ててそれでいいんか!と思いました。私の理解力不足かもしれませんが。

 

毒牙を抜かれた美しすぎるヒロインたち

f:id:tableturning:20161011125316j:image

三角関係ともなれば喧嘩したり険悪になったりとかそういうのがあるはずなんですが、今回そういったものが全くないんですよね。最初から最後まで喧嘩もなくなかよしこよし。

 

ハヤテとミラージュは喧嘩してはいましたが子犬のじゃれあいみたいなものだし、人の内面に踏み込んだドロドロ感が全くない。というのも登場人物がみんな美しいんですよ。悪い面なんて全くない。

 

フレイアは明るく元気で天真爛漫。迷ったり悩んだりするけどいつも一生懸命。

ハヤテは優しく他者思いできさくな性格。不真面目なところもあるが素直。

ミラージュはまじめでしっかりもの。頭もよく何事も一生懸命だが頑固。

 

みたいな感じでいいところしかないんですよね。取ってつけたような短所ばかりで。フロンティアのときはその日暮らしの恋愛関係やらそれぞれの自分勝手さ優柔不断さとか嫌な面がちゃんと描かれていましたけど、今回は視聴者が嫌だと思うような都合の悪い面がバッサリとカットされてます。

 

だから三角関係もさっぱりしていて味がない。だったら最初から三角関係なんてやらなきゃいいのに。マクロスゼロだってドス黒い嫉妬心とか姉がいない間に出し抜いたり結構やってたんですが今回はそういうのが全くなかったのでつまらなかったです。

 

人間だからもちろん反抗したりするし、言い争ったりする。嫌なところとか理解できないところもあるし、それでも納得したり和解したり。そうやって少しずつ距離を深めるって重要だと思うんですけど今ではなくなりましたね。

 

ウインダミア側もとにかくみんな美形だったんですが美形キャラクターが多すぎる分、ひとりひとりの持ち味が失われた気がしました。なんか個性がない。まあこれはデルタだけじゃなくてほかのアニメや過去作も同じだけど。でもゼロのときのサラとマオのデザインは味があって好き。

f:id:tableturning:20161011125108j:image

 

美雲以外、歌手も歌も微妙

f:id:tableturning:20161011125233j:image

歌が微妙です。歌唱力も微妙でした。フレイアもまあまあ上手いんだけどなんかくるものがない。音楽を習っているといつも感情表現が重要だといわれるんですが、今回音程はあってるんですが、感情が乗ってない気がしました。

 

ワルキューレはアニメでなく普通のアイドルとしても活動することを予定していたし、ダンスもやらなきゃいけないので歌の感情表現などに気が回らないのは仕方ないとは思いますがもう少しなんとかならなかったのかなあ。なんかAKBとかももクロとかそんな感じのイメージ。まあそういうのを参考にしているから仕方ないといえばそうなのですが。

 

あと歌もいけないボーダーライン以外、ぐっとくるようなものがなかったような。いくつか購入してみましたが何回か聞いたら飽きます。

ただ一つハインツ様の歌声だけはきれいでした。歌もよかったし。えーいーあー♪

 

最終的な感想

マクロスΔは北欧神話に出てくる女神や男神たちが華麗に舞って踊って美しい舞台と耽美なストーリーを描いている。そんなイメージ。まあ今は鬱展開とか嫉妬とかそういうのを求められてはいないからそういった意味では時代に合わせたいいアニメなのかな。若い子向けなのでそもそも私のようなオバサンはそもそも対象外なのかも。

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や無断転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。