ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

動かない遊園地ウサギを低レベルでも簡単に倒す方法【ニーアオートマタ】

f:id:tableturning:20170706160859p:plain

遊園地にいるウサギ!このウサギをずっと攻撃し続けていると動き出して戦闘することができるのできます。でもこのウサギが動き出すまでには結構な時間攻撃し続けないといけないらしくて、さらに動いてもLv80もあるので倒すのは大変みたいです。

 

ですがこのたびLv59の状態9Sでも撃破することができましたので、ウサギを動かすところまら倒すところまでご紹介したいと思います。

 

www.youtube.com

動画は上記から読み込めます。具体的には下記の方法で倒しました。

 

 

遊園地ウサギを動かすための武器とチップ構成

 

  1. HPゲージ
  2. 敵情報表示
  3. テキストログ
  4. 近接武器攻撃力+UP+2
  5. 近接武器攻撃力+UP+5
  6. 近接武器攻撃力+UP+6
  7. 瀕死時攻撃力UP
  8. 瀕死時攻撃力UP+2
  9. チャージアタック
  10. チャージアタック+1
  11. チャージアタック+3
  12. 攻撃HP回復
  13. ダメージ数値

 

  • 使用武器

白の約定Lv4(大型剣)

攻撃力:1140-1254

 

  • 使用アイテム

攻撃力強化(大)

 

攻撃力:5195+4266=9461

アイテム使用時:13299

 

 

上記がウサギを動かすまでに使用した武器とチップです。近接攻撃力はガン振りで、今回はチャージアタックと瀕死時攻撃力UPをつけて攻撃力を高めてみました。

 

ダメージ数値と攻撃HP回復はウサギ像に与えたダメージを可視化するためにつけています。与えたダメージの2%が数値で表示されます。尚、今回射撃は一切使いません。

 

遊園地ウサギを動かすまでの手順

準備ができたらまずはうさぎ像の前に行って自爆します。すると、9Sの体力が1になりますので瀕死状態で攻撃力アップを使いひたすら像をチャージアタックで攻撃し続けます。これで平均7000近くのダメージをウサギに与え続けることができます。

 

うさぎを攻撃していると位置がズレていきますが、余り関係はないようです。あくまでも与えたダメージが肝みたい。

 

しばらくしたらまた自爆が仕えますので、自爆→攻撃アップ使用→チャージアタックをひたすら繰り返すと約2分ほどでウサギが動き出して怒って襲い掛かってきます。

 

30分攻撃し続けてやっと動くという話も聞きましたが、私は2分で動きました。攻撃力が低すぎると動かないと思います。

 

遊園地ウサギの倒し方

おそらく必要なのはウサギを動かす方法だけかと思いますが一応倒し方を書いて置きます。一般的にLvが80ほどないと倒せないといわれていますがLv60でも倒せました。

やり方としましては、ウサギが動き出したらプラグインチップと武器を変更。黒の誓約とハッキングで倒しました。

 

私の場合、基本的にハッキングで倒すのが好きなのでプラグインチップをハッキング寄りにしていたこともあったのでレベル差があったも苦戦はしませんでした。ただし攻撃しても1ミリもダメージが行かず、相手の攻撃を食らうと一気に半分減らされるのでなかなかリスキーです。

 

  1. 衝撃波+6
  2. コンボ継続
  3. オート回復HP+4
  4. ドロップ率UP+2
  5. オートアイテム+1
  6. アイテム自動吸着
  7. アイテムスキャン
  8. 敵弾誘爆
  9. スタン+3
  10. 炎上+2
  11. 断末魔

 

断末魔とかアイテムスキャンとか完全ネタチップがありますが基本はスタンと炎上を用いたハッキングで倒しました。

スタンは敵を放電させてスタン状態にするチップで半径15m、3.5秒効果があります。

炎上は的の回路をショートさせるチップで硬化時間4.5秒あります。

 

これをつけてていれば低レベルでもハッキング3回で倒せるかと思います。

因みに通常攻撃はゼロにきわめて近く、一撃でも食らえば瀕死になります。

 

 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章(引用を除く)や筆者が撮影した写真などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。(ゲーム画面のスクリーンショット、商品画像、その他画像などに関しましては原典の著作権を所有している権利者に帰属しており、筆者に権利はございません)