ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

DeadbyDaylightの攻略や解説やネタ記事。アニメやゲーム等の紹介をしているブログです。

DeadbyDaylight用語集 エンティティ【The Entity】

霧の世界を生み出した邪神。部下にトラッパー、レイス、ヒルビリーなどの殺人鬼を抱え、人間を霧の世界に召喚し閉鎖された空間で狩の儀式を毎夜行なっている。

 

狩の儀式

霧の世界で1日一度行われる儀式。生存者と殺人鬼はそれぞれ閉鎖された空間に閉じ込められ殺し合いを強いられる。生存者は殺されても逃げ切っても必ずキャンプファイヤーに戻り殺人鬼は閉ざされた空間から解放されず永遠に労働を強いられる。安息などない。

 

儀式の目的は不明。一説によると人間の希望を食らって生きているとか捕食のためだとか。

 

殺人鬼への拷問

基本的に殺人鬼はエンティティに忠誠を誓っているはずなのだが、そうするまでにはなかなか大変らしく何度も拷問を繰り返してようやく従ってくれているらしい。体に傷が多ければ多いほどなかなか屈服しなかった証とか。

もともと現実逃避のために邪神信仰しているレイスや両親から逃げられればそれでいいヒルビリーは傷が少なく、高慢ちきなトラッパーは肩に鉄棒をぶっ刺され、ドクターは自分の電気治療器具を頭に刺されビリビリされている。なかなか従わない奴ほど骨が折れるのだろう。

 

トラッパー「好き好んで肩に鉄棒刺してるわけじゃない」

 

殺人鬼への拷問2

殺人鬼のパーク「no one escape death」で殺人鬼を馬車馬の如く鞭で叩いているのはエンティティ。その他殺人鬼に囁きかけたり見張ったり仕事熱心。

 

おまけ

オファーリングのフレーバーによるとエンティティは女神らしい。そりゃレイスも熱心に信仰しますわ。

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章(引用を除く)や筆者が撮影した写真などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。(ゲーム画面のスクリーンショット、商品画像、その他画像などに関しましては原典の著作権を所有している権利者に帰属しており、筆者に権利はございません)