ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

アニメ・漫画・ゲームのレビューやグッズ等の紹介をしているブログです。メジャーなグッズから知られていないものまで幅広く取り扱っています。

美少女キャラの暴言・迷言集!アニメキャラ名台詞ランキング12選

20代女子のランキング

アニメの美少女達が作中で発言する暴言迷言名台詞を集めてみました。やはり暴言となると悲壮な展開や悲劇的な末路が多いですね。でも鬱展開だからこその魅力というのがあると思います。

 

チープな友情ドラマや感動を狙った陳腐な展開よりも何気ない一言や罵倒の方が感動的だったりする事がありますよね。そういった何気ない暴言迷言、または感動的な名台詞を集めました!

 

それではアニメキャラの迷言暴言名セリフをご紹介したいと思います。

 

第12位「パンティアンドストッキングWithガータベルド パンティの決め台詞」

f:id:tableturning:20160701063753j:plain

イかせてやるからいい声で鳴きな!

 ポップな絵柄にえげつない下ネタ、突然出てくる美少女作画というおそ松さんを先駆けたアニメ。金髪美少女のパンティがゴーストに対していう決め台詞なんですが下ネタなのになぜかカッコイイ。

ジャンル 天使アクション CV 小笠原亜里沙
掲載誌 原作 GAINAX

 

 

第11位「ONE PIECE ビビの決め台詞」

f:id:tableturning:20160701063926j:plain

ナメんじゃないわよ!

 アラバスタ王国の王女ビビのセリフ。ゲーム版でも必殺技の際に言うセリフですが彼女の性格と大きなギャップがあって凄く印象的でした。アニメ版でもいつ言うかと思って注目していたのですがちらっとしか出てきませんでしたね。ロビンに捕まった時でてきましたがあっけなく捕まってしまいました。

ビビの名台詞は数多く出ていますがどれもこれも良い子ちゃんな彼女を象徴するものばかりなのであえてこれを選んでみました。

ジャンル 海賊アクション CV 渡辺美佐
掲載誌 少年ジャンプ 原作 尾田栄一郎

 

第10位「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い もこっちのコピペ改変」

f:id:tableturning:20160701064521j:plain

そりゃそうか… 私みたいに高一でキャバやってる腐れ女いるかって いねーか ふふ…
あの番組がうけたとか部活だりーとかそれが普通だわな…
かたや私は欲にまみれた不夜城で呟くんすわ It’s a true world.
イっちゃってる…? あっそれ誉め言葉ね

元ネタは2chのコピペ。もてない女子高生もこっちが歌舞伎町に憧れて言う台詞。こういうセリフがさらっと出てくるのは凄いなあと思う。語彙力の高さに純粋に叫喚。ただし用途がおかしい。

ジャンル 学園青春 CV 橘田いずみ
掲載誌 ガンガンONLINE 原作 谷川ニコ

 

第九位「ブラックラグーン 鷲峰雪緒のロックへの八つ当たり」

f:id:tableturning:20160701065019j:plain

だってあなたは、あたしを助けたいわけじゃありませんもの。あなたは捨てたはずの日常を失いたくない、ただそれだけ。
あたしを見殺しにしてしまえば、日本に残した最後の追憶の欠片まで失ってしまうから。あなたは何も負おうとしない。自分で捨てたはずのものにさえ、まだ憧れの一欠片を抱いている。
そんなことで、いったい誰を守れるんです?
そんなことで、誰を助けるなんて言うんですか?
答えて、さあ答えて!

すごく丁寧で気品に満ちた言葉遣いでロックに詰め寄る雪緒のセリフ。

静かに怒りを湛えてロックに詰め寄ってます。理不尽な不幸に見舞われた雪緒が中途半端に闇を生きるロックを許せないという心理がしっかりでていますが、一種の八つ当たり。

ジャンル ヤクザ CV 桑島法子
掲載誌 月刊サンデージェネックス 原作 広江礼威

 

第八位「ブラックラグーン ロベルタのひとりごと」

f:id:tableturning:20160701065420p:plain

「別に感傷もなく、特に感想もない。感情を殺すこともなく、冷徹である必要すらありません」

「なぜなら殺す側にとって、殺される側は、どうでもいい人間だからです」

「いるよりも、いない方が都合がいい」

戦場を駆るメイド、ロベルタのセリフ。とにかく殺すだけの生活を送ってきた彼女が言うだけあってかなりの説得力があります。いるよりもいないほうが都合がいいから殺す。物語後半でレヴィが負傷した敵を尋問してあっさり殺してしまうのですがやっぱり生きてる世界が違うんだなあと思わせます。

ジャンル ガンアクション CV 富沢 美智恵
掲載誌 月刊サンデージェネックス 原作 広江礼威

 

第七位「ブラックラグーン 双子のグレーテルがグレてる」

f:id:tableturning:20160701065807j:plain

んふふ・・・あなたはねえ・・・同じにおいがするわ。血と、ドブの腐敗した匂い。私とあなたは同じものよ。

死屍累々のブラックラグーンで双子の少女、グレーテルがロックをからかった後、殴り込んできたレヴィに言う台詞です。どんなに可愛らしく振舞っててもこのセリフでやっぱりグレてるなあと再認識させられます。理不尽な大人たちによって散々、凄惨な暴力と虐殺を受けてくるってしまった子供ですが自分達も自分がまともでないことを分かっているんだなあと思わせる台詞です。

ジャンル ガンアクション CV 金田朋子
掲載誌 月刊サンデージェネックス 原作 広江礼威


第六位「Fate/zero 幼少時代、間桐桜の蔑み」

f:id:tableturning:20160701070213j:plain

バカな人…お爺様に逆らうから。

魔術師の家系に養女として引き取られ凄惨な肉体改造を施された桜の台詞。肉体は蟲に食い破られ内臓は蟲に犯され全てをあきらめた桜を叔父に当たる人物が救出しようと戦いに赴きますがあっけなく殺されてしまいます。

蟲の中に落ちた叔父の死体を静かに見下しながら、静かに蔑む桜の台詞です。

一見、血も涙もない嫌なセリフかと思われがちですが、叔父は彼女に大きな期待をさせて落胆させないようしていた経緯があります。なので桜のこのセリフは彼女の精神を守る為にも正しいセリフです。でなければ今後、続く凌辱に耐えられないでしょう。

ジャンル 伝奇 CV 下屋則子
出版 TYPE-MOON 著者 虚淵玄

 

第五位「無限のリヴァイアス  和泉こずえの罵声」

f:id:tableturning:20160701071405j:plain

相葉兄弟の間をうろうろしてるあおいちゃんにはわかんないよ
兄弟仲良くしてほしいとか言って、どっちもほしがってる

うそつきっ! ごまかしてるだけでしょっ! わかるわけないっ、あんたは持ってないって思ってるくせに、しっかり持ってる、なんにもせずに持ってる、そんなあんたにあたしの気持ちなんてわかるわけない、絶対にないっ

全部じゃないけど、でもあんたはずるい、わかってないからずるい

 十年前の鬱アニメ無限のリヴァイアスで乱交部屋で集団暴行を受けたこずえが部屋に引きこもりヒロインに対して罵声を浴びせるシーン。兄弟の間でどっちつかずにフラフラしているヒロインを攻め立てています。わがままなこずえの性格と、あおいがヒロインで幼なじみというポジションであるため一見、酷い言葉を浴びせる悪女の様に見えますが、言ってる事はその通りなんだよなあ。このアニメの登場人物はみんなはっきりしない。人間関係においてはすべてをうやむやにして終わらせる様な人ばかり。

まあそんな中で唯一、意志がはっきりしていると言えばその通り。

ジャンル SF CV 丹下桜
出版 電撃文庫 著者 矢立肇

 

第四位「Fate/Prototype 沙条 愛歌 凡人に対する嘲笑」

f:id:tableturning:20160701071246j:plain

あれ? 願いを叶えるとか、そんなふわふわした話を本気で信じていたの?

 ヒラヒラのドレスを着てくるくる踊る愛歌。その本質は全能とつながっており、天性の才能に恵まれすべてを凌駕する究極の魔術師。残酷にして冷徹で純真な笑顔で目的の為ならば手段を選ばない。凡人を嘲笑し、蔑むそんな彼女が発する印象的なセリフ。

ジャンル 伝奇 CV 豊崎愛生
出版 TYPE-MOON 著者 TYPE-MOON

 

第三位「少女革命ウテナ 姫宮アンシーの本音」

f:id:tableturning:20160701071707j:plain

好きな人の為なら、それ以外の人間の気持ちなんか問題じゃない。自分なんていくらでも誤魔化せますから

冬芽様に勝てるわけないのに、可哀想。早く終わらないかな~

 いつも笑顔で人当たりよくニコニコと接する彼女が珍しく言う本音。本人は淡々と言いますが普段、そんなことを言わないのでやたら怖い。無機物の様にふわふわしていて心なんてないように見せかけていたアンシーが珍しく自分から考えを言う為凄く印象に残ります。

このあたりから意志のない従順な花嫁でいたアンシーの言動がおかしくなってくるんですよね。兄に対する嫉妬か、ウテナに対する嫉妬かわかりませんが自我がすこしづつ解放されていたのは確か。

ジャンル 剣劇 CV 渕崎ゆり子
出版 著者

 

第二位「なるたる 貝塚ひろ子の最期」

f:id:tableturning:20160701072336j:plain

私もうやめたんだ。誰かのために自分が犠牲になるとか
そういうの。だってあれ(=鬼)があれば何でもできるんだもん。
気に入らないものは、全部潰しちゃうの

 シーナ
優しさだけじゃ全ての人を助けることなんてできないよ

 同級生から残忍ないじめを受けていた少女が殺される最後の時に言う台詞。被害者が加害者になる残酷さを悲しすぎる形で表現しています。無慈悲かつ理不尽な目に合った挙句、復讐を果たした殺人者。

被害者から凶悪な殺人犯になった今、もう日本では暮らしてはいけない。家族も同級生も殺した凶悪犯として生き続けるか死ぬしかない。

シーナの手にかかった彼女の人生は一体何だったのでしょう。

 

ジャンル 日常SF CV 野川さくら
出版 月刊アフタヌーン 著者
  鬼頭莫宏

 

第一位「少女革命ウテナ ウテナの最期の宣言」

f:id:tableturning:20160701072829j:plain

僕が王子様になるってことだろ!!

 王子に誘惑され、王子様にはなれないと散々否定されてもたった一人の少女を救う為に王子様になる事を宣言したウテナの最高にカッコイイ台詞。女の子であることを強いられても、女の子らしい言動があってもやっぱりウテナはウテナなんだなあと思わせます。

最期ウテナとアンシーが再開出来たのか、ウテナは死んでしまったのか分かりませんが今も記憶に残る名作ですね。

 

ジャンル 剣劇 CV 川上とも子
出版 著者

 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や無断転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。