ゴリアテ | ゲーム・アニメのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリアテ | アニメ・ゲームブログ

アニメ・漫画・ゲームのレビューやグッズ等の紹介をしているブログです。メジャーなグッズから知られていないものまで幅広く取り扱っています。

超豪華!ペガサスメッセージタブレットが届きました!【セーラームーンSuperSスタリオンレーヴ】

セーラームーン

f:id:tableturning:20170328131617j:plain

注文していたペガサスメッセージタブレット が届きました!

ミニチュアリータブレットの新商品です!セーラームーンSuperSスタリオンレーヴが原型となっています!

 

商品リンク:美少女戦士セーラームーン ペガサスメッセージ タブレット

 

f:id:tableturning:20170328130637j:plain

キラキラしていて超豪華!

 

f:id:tableturning:20170328130733j:plain

サイズが結構大きい!

手のひらに載せると迫力のあるサイズになります!でかい!

 

f:id:tableturning:20170328130902j:plain

フタはこのようにパカリと開きます。

その中にはペガサスが香箱座りしています!かわいい!

 

f:id:tableturning:20170328131132j:plain

タブレットには金のチェーンが付いてきます。チェーンをくっつけてネックレスにもできちゃうんです!

 

f:id:tableturning:20170328131311j:plain

でもちょっとサイズが大きいのでネックレスには不向きですね。

 

f:id:tableturning:20170328131346j:plain

飾りました!!

肝心のタブレットはどこから入れればいいのか良く分かりませんでした。まっいいか!

※フタについているペガサスが外れるみたいです。怖くて開けられませんでした。

 

美少女戦士セーラームーン ペガサスメッセージ タブレット

【検証】ソウルサバイバーは感知をどれぐらい無効化できる?

Dead by Daylight パーク【DbD】

ローリーの固有パークソウルサバイバー」、こちらのパークは仲間が死ねば死ぬほど殺人鬼の感知能力を無効化できるという固有パークです。

 

主な効果は下記の通りです。

 他の生存者が犠牲になるほど、殺人鬼の能力を弱体化させる
更に複数のオブセッションの要因がある場合、自分になる確率を上昇する。(※)

・犠牲者1人:生存者の姿の強調表示の感知範囲が40・35・50%狭まる
・犠牲者2人:生存者の姿の強調表示の感知範囲が40・60・75%狭まる
・犠牲者3人:生存者の姿の強調表示の感知範囲が40・85・100%(無効化)挟まる

引用:Dead by Daylight 攻略 wiki - PERKSより

 

この一番の特徴は犠牲者が3人出たときの100%無効化という点です。人が5人必要なため今までなかなかこのパークの効果を検証できず、野良での感覚でしか確認できなかったのですか。今回やっと無効化の範囲をプライベートマッチで確認することができました。

 

  1. ソウルサバイバー足跡は消えるのか?
  2. ソウルサバイバーでナースコーリングなども無効化できるのか?

上記の点を確認してみたいと思います。

 

  • ソウルサバイバーで足跡は消える?
  • ソウルサバイバーでナースコーリングは無効化できる?

 

続きを読む

銀と金の最終回の先行配信!死を賭した麻雀勝負で役満は出るか!?幻の13話も公開!?

銀と金

f:id:tableturning:20170226122152j:plain

 

銀と金の12話(最終回)とヒヤヒヤする13話が先行配信!

森田鉄雄の命を賭けた麻雀勝負もついに12話!なんと最終回です!なんとその銀と金最終回先行配信されているのです。しかも最終回だけでなく13話も配信されてます!アマゾンだけでしか見れないのかな!!

アマゾンビデオ:銀と金

 

銀と金 前回までのあらすじ

銀さんと鉄雄は蔵前に対し勝負を挑みます。目的は蔵前が握る政治家たちの首、500億分です。蔵前は政治家たちにギャンブル勝負を挑み、その首を借金という形で支配していました。

 

蔵前は銀さんの頭脳を支配するため鉄雄の命を狙います。

負ければ鉄雄は蔵前の地下室に監禁され、会話することも新聞を見ることも叶わない監禁生活を強いられることになるのです。

 

前回、蔵前麻雀で鉄雄は白、發、中の三色を揃えて成り立つ特殊な役の一つ「大三元」を狙ったテンパイまで持ち込みました。

 

目的は一つ、役満祝儀です。

普通に勝つだけでは最大でも500億程度しか手に入りません。それでは蔵前の首を落とすことはできないのです。彼を落とすには6000億はカモらないといけません。

 

掛け金の数百倍を奪い取る役満祝儀

役満祝儀は通常のツモ代や供託金とは別に請求できる祝儀です。役満という麻雀の中でもすさまじく低い確率でしか出ない特殊な役で成立します。これは蔵前麻雀だけに適用される特殊なルールです。

 

役満祝儀の内訳は

ツモ代 × 供託金 = 役満祝儀

になります。

 

最終回でのツモ代は5億1200万、それに供託金の123億4000万をかけると

役満祝儀は6318億800万です!

 

蔵前の総資産が吹っ飛ぶ額ですね。鉄雄と銀さんは蔵前を潰すべく真っ向から挑みます。

 

はたして鉄雄の大三元は揃うのでしょうか。

鉄雄と蔵前、二人の運命は……?

 

アマゾンビデオ:銀と金

 

アマゾンだけの第13話も配信中!

現在アマゾンだけですが、限定で13話が配信されています。

話の内容は監禁されて殺人鬼を鉄雄が監視するというもの。

 

殺人鬼の監視なんてゾっとしますね。

そしてなかなかスリリングでホラー的な恐怖感があります。

 

ぜひ興味がありましたらご覧ください。

 

追記:13話感想

ヤバイですね……。完全にサイコじゃないですか。

ギャンブルというかホラー映画……。殺人鬼の狂気ヤバイ……。

 

 

銀と金 最終回の感想(ネタバレあり)

まさかあのような形で勝負が決着するとは思いませんでした。

根っからのギャンブラーから見るとスッキリしないラストかもしれませんね。

 

逆に、熟練した勝負しからすると精巧まで考えつくされた勝負しらしい勝負の仕方といってもいいでしょう。

 

銀さんはやはり最強の男です。

いやはやすごい狡猾だなあ。

 

いままでいい漢!というようなイメージが前回だった銀さんでしたが最終回で全部さらって行きました!狡猾!ザ・狡猾!!

 

銀さんのインシディアンス!!

 

  • 銀さんのカンはイカサマか?

銀さんが終盤で、手配の中の4枚をカンしました。そのカンを場外に避ける際、カンの中に中2枚をしのばせて見えないようにしました。

 

この銀さんのカンの置き方が変だったので通っぽくてかっこいいなあっと思っていたのですが、まさかの思惑がありましたね。

 

さて、カンを使った「中」隠し、この行為はイカサマに当たるのでしょうか。

私的な意見ですが、これはイカサマには当たらないと思います。

 

コンピューターが全て処理してくれるネット麻雀ならともかく、読みあいと精神的な負荷、そして自分の手で牌を捨てる必要がある麻雀であるとこの行為は牌をミスするチョンボにあたりますが、上がらず暗牌のままイカサマではありません。

 

流局になったとしてもテンパイでなければその牌はだれにも見られないまま終わりますから、カンを手違えたとしてもただのチョンボ。ただしバレれば罰符付きですけどね。

 

しかしさりげないチョンボすぎて気付かなかった!まさかひとつズレてたとはなあ!

東京タラレバ娘の感想、早坂との復縁はどうなる?4巻~7巻レビュー

漫画 東京タラレバ娘

f:id:tableturning:20170313134724j:plain

最近話題の東京タラレバ娘漫画を購入しました。

4巻から7巻まで一機読みです!全体的な感想としては……割と悶着しながら前には進んでるんだなあって感じです。

 

女友達とは深刻に喧嘩するけどやっぱりすぐ元通りになったりトラブルを起こしつつも這い蹲るようにして前に進んでく姿はカイジに似たものを感じさせますね。

 

あとやっぱり改めてみるとこのタラレバ娘たち美人だなあと……。こういう友情関係は普通に羨ましいな。

 

↓商品リンク

東京タラレバ娘(4) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(5) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(6) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(7) (Kissコミックス)

 

4巻は「倫子」とイケメン映画好き「奥田」の本性

f:id:tableturning:20170313122925j:plain

画像:東京タラレバ娘(4) (Kissコミックス)

 

ふとしたきっかけで付き合うことになったイケメン男性の奥田さん。

彼は優しくて料理上手。見た目もかっこよくてさわやかで非の打ち所のない男性です。

 

ですが倫子は彼と付き合っていくうちに精神が疲弊していくような疲れを感じていきます。

 

彼は映画好きで情熱的ですが、それを彼女にも押し付けてしまうんですよね。

  • 自分が好きな映画を彼女にも見ることを強要してしまう。
  • 自分が好きな髪型を彼女についつい押し付けてしまう。
  • 自分の夢、結婚したら一日一回映画を見るという夢を彼女にも分かってほしい。

そういった彼の理想や情熱のようなものが次第に倫子には重くなり精神的にきつくなってしまいます。

 

彼の好きなヒーローもの、スパイダーマンダークナイトといった映画が倫子の好みではないし好きではない映画を強要されて見続けるのは結構キツイ。

 

あと進められる髪型もジャネットジャクソンみたいなすごいヤツ。

髪へのダメージやべえ。

 

まあ倫子がなかなか応えられずにいると、奥田はちょいちょ圧力をかけてきます。

「美容室行かなかったの?」

「あの映画は見た?」←5回以上は言ってる

「昨日貸した映画見た?」

「もちろんあの監督は知ってるよね?」

「美容室いく時間なかったの?」←5回くらいは聞いてる

 

もちろんその後にフォローはしてくれるんだけどなんかその要望がだんだんハードになっていくんですよね。年間300本映画を見せたいとか二人で年間ベスト30を決めるとか。

 

うーん毎日映画かー。映画好きでも結構キツイですよこれ。

いや、それ以上に私が思うんですがこの奥田という男性。

 

f:id:tableturning:20170313124245j:plain

DV気質なんじゃないですかね?

 

最初のうちは確かに優しくて爽やかに見えるんですけど、この人結婚したら変貌するタイプな気がします。

 

結婚する前は料理を作ってくれたり優しくしてくれたり色々してくれるけど、結婚して女性が自分のものになったと思った瞬間、女性に対してあれこれ自分の理想や情熱を押し付け、その通りにならないとそれが暴力という形で表現されるように見えるんです。

 

倫子に対して見える小さな違和感はそういった彼の横暴さが分かり難い形で出ているんじゃないのかなあ。正直、私から見ると彼はすごく恐ろしい人に見えました。

 

返ってこない倫子の行動、従わない自立した倫子への苛立ちを優しさという形で表現することで、優しい人を演じているように見えます。

 

考えていることの読めないKeyの言動

倫子に対して助けるような素振りをしたり、冷たく突き放したりとにかくよくわからないKeyの行動。

f:id:tableturning:20170313125252j:plain

倫子は一晩を過ごしたKeyから「あんたと恋愛できない」とはっきり告げられます。

「じゃあ自分で電話して俺を誘え」

「いい歳こいて女同士でつるんで騒ぐな」

「妄想で興奮して後先考えず行動するから俺が警戒する」

「俺はお前を見ているとイライラする」

 倫子に対してズバズバと文句を言うKeyくん。

 

それは倫子が彼と寝たことを回りに言いふらしたとか、大人とは言えないだらしない行動をとったとか、ギャーギャー騒いでKeyを食事に誘ったとか、そういう理由で見限られたというには少し違う気がしました。

 

どちらかというと思い通りに行かないでイライラしてるプライドの高い男みたいな感じ。Keyに関しては特に表情が変わらないから本心が分かり難いのですが、
Keyは倫子に対して色んなことをしてくれるんですよね。仕事を押し付けたり、一緒に仕事先まで行ったり、何かあるたびに倫子がいる場所に行こうとする。

 

それに対して倫子は何もしないんですよ。あれこれ妄想してちょっかいはかけるけど自分から相手の心の中には飛び込んでいかない。

行きずりの男にときめいて別の男からチヤホヤされてKeyのことなんかすっかり忘れている。

 

ここまでしてやったのに、倫子はまったくKeyを見ようとはしない。わけのわからない化け物みたいな目でKeyを見てるんです。そりゃイラつきますよ。倫子は男のプライドふんずけて無視したみたいな。

 

本当は電話番号もLineも倫子から聞き出して欲しい。もっと自分のことを聞き出してほしい。女友達とつるんでばかりいるせいで近づき辛い。そんなことしてる暇あったら俺を誘えよ。何で俺から会いに行かなきゃいかなきゃ行けないんだよ。なーんてね。

 

まあ、そんなこと直接言い出したらプライドも何もないからわざと倫子を振るようなことを言ったんじゃないですかね。

そもそも本当に恋愛できないくらい嫌いだったらそんなこと言わない。ふつうなら自然消滅だよね。まあよくわかんないですが。

 

誠実で優しい男性の早坂と倫子が傷を舐めあう7巻

f:id:tableturning:20170313131404j:plain

画像:東京タラレバ娘(7) (Kissコミックス)

早坂は大人で誠実で優しい独身男性です。真面目で仕事熱心で倫子とは古くからの付き合い。かつて倫子のことが好きで告白までしましたがダサすぎるセンスと言動でフられてしましました。

 

しかし誠実とは言いますが、実は早坂はほんの最近19歳の倫子の弟子と交際しています。弟子には恋人が既にいましたが早坂は知った上で付き合っていました。それを近くから見ていた倫子は別の男に走ります。

 

早坂は恋愛に対して奔放な弟子との関係は早坂には耐えられず思いとフられてしまいます。事務所に行きずりの男を連れてきたり何人もの男と体の関係を持ったり弟子はとにかく奔放です。

 

玉砕して傷心の早坂はかつて好きだった女性、倫子に慰められデートに誘います。

 

正直、彼は誠実な男性とは言い切れない気がします。やっぱり彼はなんだかんだ頭のおかしな若い女に走ったり、過去の女性に癒して貰ったり、その時その時の感情や惰性に流されて楽な方向に走っているような気がするんです。

 

かれが「ただの誠実な男だから恋愛対象にならない」とか言われていますが、それ以前に彼からは、自分の意思や志や強さと言ったような軸のようなものが感じられません。

誠実というにはフラフラしすぎているんですよね。言ってみれば倫子をそのまま男性にしてみた感じ。そりゃ楽だわな。

 

まあ何はともあれこれを気に心に傷を負った名前の通りの傷物同士いい感じになります。それにいたるまでの道のりは滅茶苦茶ですがまあこういうくっつき方でもいいんじゃないかな。

倫子も早坂もたしかにフラフラしているけど自立した大人だし美形だし仕事もできる。決して悪い大人じゃない。お似合いの男女ですよ。

 

そして早坂は倫子を二人きりのデートに誘います・・・・・・が。

 

よくわからないKeyが邪魔しにきた

f:id:tableturning:20170313130614j:plain

なんかKeyがすげえ邪魔してくる……。

「あんた俺のことが好きじゃなかったっけ?」

「俺、この人とセック○したことありますよ」

うわ!なんか地雷を踏み抜いたような発現を早坂の前で平気でしてくるKey。おいおいおいおい!こんなこと暴露されたら交際どころの話じゃないよ。男から見たらドン引きするような事実でしょう。何考えてんだ。

 

倫子がまた情で適当な男と付き合わないように誘導している…?にしてはちょっとやりすぎだよなあ。

 

個人的にはKeyは倫子が好きというよりも、死んでしまった亡き恋人にできなかったことをしたかっただけだと思っていたのですが……これはちょっと進むべき方向を見失っているような感じですね。

 

冷静になっているが故の行動なのかよくわかりません。まああれだけしてやったのに簡単に別の男と付き合うとか無性に腹立ちますけどね。

 

東村アキコさんの漫画はノリが独特なので相性がはっきりでますが、タラレバ娘は仕事の話も絡むこともあり、話の流れが一本筋が通っていて綺麗なので割とすんなり読めました。

 

皆さんもぜひご覧ください。 最新刊の8巻は4月13日出版予定です。

東京タラレバ娘(4) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(5) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(6) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(7) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(8): KISS

社会人時代を振り返る

小話

f:id:tableturning:20161211160636j:plain私には横のつながりが少ない。

他者と比較すると明らかに友人と呼べる存在が少なく、他者との関わりが狭い。かといって自分から関わりを増やすという努力も全くしていない。普通の人であれば自分から接点を持つ努力をするのだろう。だが私はしない。やらないのだ。

 

私は他者に期待という物を持っていない。他者に好かれたいといった願望がない。私を嫌おうが好こうがどうでもいいのだ。それらはすべて私にとって意味のないことだ。

 

だが私も人間だから好みはある。話してみたい人、関わってみたい人、遊んでみたい人というのは存在する。だが私はそれが例え実現可能なことだとしても自分からは行動しない。横のつながりを増やす努力を私は放棄している。

 

私は5年間において多くの失敗を学んだ。

失敗から学んだことは「駄目なものは何をやってもダメ」という事実だった。

 

あの時こうしていれば。

あの時もっと親しくしておけば。

あの時もっと綺麗だったら。

 

そんなことをやってもダメなものはダメだ。

絶対に上手くいかない。

 

物事というのはそうなるべくして起こる。

だからその時の結果がダメだったとしたら、どんなに努力をしようがダメなものはダメだったのだ。

 

上手くいくことは、特別な努力をしなくてもすんなりと上手くいく。

だが、駄目なことは本当に駄目だ。どんなに努力をしてもどんなに手を尽くしても結果は変わらない。

 

5年前、私は本当の孤独の中にいた。

名前も知らないような土地で知り合いというものが一切ない孤独な世界にいた。

私はその場所で孤独から抜け出すべく様々な行動を起こした。

 

私はもしかしたらその場所にいた彼らのことが好きだったのかもしれない。私は自らはなしかけ、誘いをかけ、集まりには積極的に参加した。お土産を渡したり菓子を差し出したり。

だが私がどんなに手を尽くしても努力をしても問題が一向に解決する兆しはなかった。一時的に上手くいったと思っても、それは数日で元に戻ってしまう。

 

周囲の視線は冷たく、私に話しかけようとするものはいなかった。周囲との扱いの落差。軋みを上げるような歪な空気。明確に存在する壁。違和感は日増しに強くなった。

 

一年が経ち、二年が経って私はその正体を知った。

私を取り巻く彼らは最初から私と仲良くする気などなかったのだ。

私はその組織に属していたが、私は望まれない社員だった。

 

組織の長が私を気に入り迎え入れることを決めたが、そこにはじめからいた人たちはそのように思っていなかった。

私の存在は「みんなが嫌いな組織の長が、きまぐれに決めた面倒な事象」であった。

関係性が築けないのは当たり前だ。誰だって入社させたくない人物が会社に入ってきたら嫌な気分になる。それが嫌いな人物が決めたことなら尚更だ。

 

第一印象というのは残酷だ。努力してもなかなか抜け出せない。一度人は他者を嫌な人だと思ってしまうとどんなに手を尽くしても嫌な人だと思い続けてしまう。

 

私が嫌われるという自称はなるべくしてなった結果でしかない。

どんなに手を尽くしても努力をしても、結果はそうなるべく起こる。

 

その時から無意味な努力を辞めた。

私は自分の欲を最優先することを決めた。私が好きだった趣味や物、そういったものに集中した。

 

周囲と私の力関係は逆転した。

当たり前だ。私は周囲との関係を持つために面倒ごとをすべて引き受けてきたのだから。

 

それらが周りの人間に戻ってきただけのことだ。だが彼らはトラブルや面倒ごとに対処する方法を完全に忘れてしまっていた。引き攣った顔で私に対処法を聞かなければいけないほどに。

 

趣味や勉強は努力すればするほど自分に帰ってくる。物や実力と言った形で私の手元に残る。だが人間関係は残らない。こればかりは駄目なものは駄目なのだ。

 

駄目なとき駄目だという事実を他人は教えてくれない。

察するしかない。

取り繕った笑顔で彼らは常識的な態度をとる。

それらが手に取るように分かってしまうのはなんとも苦痛なことなのだろう。

推理系アプリ「シェアハウス」の犯人を特定!まさかのアイツ!?【その2】

犯人は僕です シェアハウス

f:id:tableturning:20170310135655p:plain

前回、ミツバに監視室の存在がバレてしまい警察に捕まってしまうというバッドエンドになってしまいました。

気を取り直してやり直しを行いルームメイトたちの部屋を監視します。

するとここで再びトラブル発生です。

 

f:id:tableturning:20170311152800p:plain

アイカワミツバの会話を監視していると「シロダの命に関わる」という意味深なメッセージが。

 

選択肢は見続ける調べに向かうかの二つ……。そんなことを言われたら気になってしまいますよね。調べに行きましょう!

 

f:id:tableturning:20170311153009p:plain

アイカワ「ユズに買い物頼まれてんだが、代わりにいってもらえねえか?」

 

なんだ、大したことないじゃん。シロダはアイカワに頼まれて買い物にいきます。

すると・・・・・・。

f:id:tableturning:20170311153121p:plain

買い物に向かう道中、何者かに刺され志望。バッドエンド。

見事に死にました。

しかし道中で刺殺って結構思い切ってますね。目撃者とかいそうなもんですが……。

 

f:id:tableturning:20170311153301p:plain

気を取り直してもう一回。

監視を続けると、アイカワミツバから何かを受け取っているみたいです。

 

何かが効かないという意味深なメッセージ。なにやら寝れないとか話しているみたいです。でもアイカワは主人公の前でも良く寝ていますね。彼の発言は何かがおかしいです。

 

f:id:tableturning:20170311153517p:plain

ミツバにアイカワの話を詳しく聞いてみることにしましょう。

 

f:id:tableturning:20170311153608p:plain

 

と、思ったらここでまさかのWARNING!うーんここでも命に関わるのかあ。

選択肢は「アイカワと何を話していたか聞く」と「アイカワが不眠で困っているらしい」の二つ。迷うけどここは後者の方を選びます。

 

f:id:tableturning:20170311153740p:plain

すんなりと応えてくれました。グッスミンという睡眠薬を証拠品としてゲットです。ところで睡眠薬って使うと凄まじく寝起きが悪くなるよね。

 

f:id:tableturning:20170311153854p:plain

再び監視室に戻るとアイカワがキッチンでなにかしていますね。

 

f:id:tableturning:20170311153942p:plain

するとユズがキッチンで探し物をして見つからない。

これは何かあるぞ!!?今すぐ調査だ!

 

f:id:tableturning:20170311154049p:plain

なんとユズはナイフを探していたようです。

アイカワが持ち去って行ったのかな。

 

f:id:tableturning:20170311154139p:plain

アイカワの部屋を探ると果物ナイフが落ちていました。あからさまな証拠品過ぎて逆に怪しい。

 

f:id:tableturning:20170311154230p:plain

監視室に戻ると今度はフジとアカネが何か話をしています。

もうみんなが犯人に思えてくるよーー。

 

f:id:tableturning:20170311154324p:plain

舞台なめてる?

 

なんと寒いギャグをかましたフジアカネがきついお言葉を授けていました。

くだらない会話過ぎて逆に和む。

 

f:id:tableturning:20170311154443p:plain

ってそんなことを言っていたらまさかの犯人指名が!!

えーーーーもうこんなに早く!?まだ全然何もしてないのに!!

 

うーーん一番怪しいのはアイカワだけど、なんか証拠品があからさますぎるというか簡単すぎるというか。ここは奇を経てらってユズを選択します。

これで正解したらもうエンディングかー。今回のゲームは早いな!

 

f:id:tableturning:20170311154622p:plain

結果はまさかのバッドエンド!そりゃそうだ!

やっぱり犯人はアイツだった!すぐに戻ってやり直しだ!!

 

f:id:tableturning:20170311154723p:plain

アイカワを選択すると物語が先に進みました!やっぱり犯人はアイカワだったんだ!!

証拠品をもとに推理をつくりあげていきます。

 

f:id:tableturning:20170311154830p:plain

  1. アイカワはミツバから貰った睡眠薬を皿に含ませシロダを眠らせる。
  2. アイカワは皿洗いを引き受けているが、ウソを付いた。
  3. そしてアイカワは皿洗いのついでにキッチンからナイフを取り出しシロダの殺害を目論んだ。

 

f:id:tableturning:20170311155000p:plain

アイカワはナイフを手に入れオレを刺殺する。

これで推理が完成しました!早速アイカワを問い詰めよう!

 

f:id:tableturning:20170311155147p:plain

アイカワの首にナイフを突きつけます!

えっ!いきなりそんなことしなくても!!

 

f:id:tableturning:20170311155152p:plain

と、ここで急に選択肢発生!ナイフを近づけるか下げるか!?

えーーーーっ!!

 

とりあえずナイフは危ないから下げようよ!

ここは落ち着いて話し合おう!!

 

そりゃあいがみ合うこともあるかもしれないけど人は不完全なもの・・・・・・。

殺しあうなんて良くないよ!!

 

f:id:tableturning:20170311155142p:plain

BADEND

やはり勝つのは力だ。

 

f:id:tableturning:20170311155410p:plain

アイカワの首にナイフをぐりぐりと近づけるとアイカワが真実を語り始めました。

じつはアイカワとシロダの出会いは大学でないそうです。

 

中学時代、シロダの暮らすには二人のアイカワがいました。

そのうちの一人が彼だったのです。

 

f:id:tableturning:20170311155528p:plain

思い出した!お前はデブカワだな!

 

さらっと酷いことをいう主人公。

実はアイカワはシロダに苛められていた中学の同級生だったのです!

 

f:id:tableturning:20170311155635p:plain

アイカワは中学時代、シロダに「デブカワ」というあだ名を付けられます。

それをきっかけに彼はずっと苛められてしまったのです。これは立派な殺害動機。そりゃ刺されても文句言えないわ。

 

夢がないと語っていたアイカワの夢はシロダへの復讐。そのために殺害を試みました。

 

f:id:tableturning:20170311155835p:plain

シロダ「俺は決してイジメていたわけではない

 

無責任すぎるシロダ。発現がさらっとヒドイ。

 

でもその責任感のなさがイジメと同じなんだよなあ。結局イジメの発端を作り出して被害者が出ても自分は知らないという無責任さが鼻につきます。

 

正直、この一言で一気に主人公が嫌いになりました。デブカワなんていうあだ名をつけるのも最低だけど、自分がイジメの発端になっておきながらイジメをしていないという罪悪感のなさも最低ですね。

 

復讐するほどじゃないとか、イジメじゃないとか、自分が起こしたことの責任をとってからそう言うことは言ってほしいなあ。

責任って学校を辞めるって話じゃないですよ。デブカワと罵られた人がデブカワと言われないような状態に戻して初めて責任を取ったといえるんですよ。わかってないよなあシロダ。

 

シロダ「一発殴ったんだから十分復讐しただろ?」

まだ、言うかこのバカは。

 

アイカワ「は?オレなら殴らない。刺す」

そういえばそうですね。アイカワの犯行だとしたら殴るなんて面倒なことはしません。イジメの恨みというのはそれほど強いです。

 

だとすると犯人が別にいる

 

アイカワ「殺したがりが、他にもいるみてえだな?つまりオレが手を汚さなくてもお前はそのうちくたばるってわけだ」

 

恐怖に戦慄する主人公。

 

とりあえずアイカワに関してはこれで良しとしましょう・・・・・・。彼はこれ以上手を下そうとはしないでしょう。恐怖におののきのた打ち回る主人公の姿を見ていたほうが楽しいでしょうからね。

 

f:id:tableturning:20170311160532p:plain

今日はなんとか生き延びました。

そう今日は。

 

真犯人が別にいると分かったシェアハウゲームはまだまだ続きます。

 

なんだ、これで終わりじゃなかったのかー。

二日目があるんだね!二日目が!

しかし真犯人は果たして誰なのでしょう。気になる!

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Copyright © 2015 golyat.jp All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章(引用を除く)や筆者が撮影した写真などの著作権は筆者に帰属しています。私的利用の範囲を超える著作物の複製や転載は法律で禁じられておりますのでご遠慮ください。(ゲーム画面のスクリーンショット、商品画像、その他画像などに関しましては原典の著作権を所有している権利者に帰属しており、筆者に権利はございません)